取材:ジャガー

切ないのになぜか前向きになるような曲

1作目でバンドとしての下地を作ることができた中での今作のリリースということで、2作目はどういうものにしたいと?

MEG
タイトル曲の「キミマチスカイ」は、オノタクミとふたりで活動していた時からあった曲で、遠く離れている大切な人、愛する人を想う感情を空に置き換えて作りました。空がつないだ物語というか…切ない歌詞ではあるのですが、その歌詞とヴォーカルの声やアレンジにギャップがあって、切ないのになぜか前向きになるような曲で。そこから派生して今作は作り上げましたね。

「キミマチスカイ」以外の楽曲では、前作では多様化された歌声へのエフェクトが今回は部分的に使われているだけで、歌声がクリアに聴こえてきたので驚きました。サウンドもそうですが、ライヴを意識されたのかなと思ったのですが。

MEG
そうですね。他の曲にエフェクトをかけるか迷ったのですが、ありのままの自分の声を聴いてほしいなと。また、聴いている人にエフェクトのかかっている声とかかっていない声、そのギャップを楽しんでもらいたい、という思いでエフェクトをかけないことにしました。

歌詞ですが、基本的に失恋だったり遠距離だったり、“切なさ”や“寂しさ”を歌ったものが多く、より感情移入ができました。今回もオノさんのリアルストーリーから成り立っていったのですか?

MEG
今回はオノタクミもそうなんですが、自分のリアルストーリーから成り立った曲もあって、自分の失恋を初めて歌詞として書いたので、かなり考えるのに苦労しましたね(笑)。
オノタクミ
別れを経験して、時間が経つと心境の変化があると思うんですね。その変化を歌にしたので、全体を聴いた時にひとつの物語のようになっています。

「羽-hane-」の歌詞は、夢の入口に立ち、これからどんどん進んでいく状況が、Camvasというバンド自体を描いているのかなと。

MEG
この曲のタイトルを考えた時、一番に思い浮かんだのが“Camvas”だったんです。曲も歌詞も今の自分たちをイメージしながら考えました。あと、3曲目の「ケシナミ」はメンバー全員が大好きな曲で、タイトル曲と同じくらいアレンジや歌詞にこだわっているので、ぜひ聴いてほしいですね。

全体的に歌詞の内容は暗いのですが、打ち込みを効果的に使い、サウンドに明るさが出ていたので、歌詞と合わさった時に重たくなり過ぎず、逆に聴きやすかったです。

オノタクミ
やっぱり基本はポップな感じになるように意識しますね。ピアノやシンセを入れて、ライヴとはひと味違ったサウンドにもしたいですし。あと、昨年の秋に大学近くの海に遊びに行った時に思い付いた「リスタート」には、波の音が入っています。そういう遊び心というか、サウンド面に関してはいろいろやりたいことを素直に反映させてますね。

そう言えば、先日初めてメンバー5人での食事に行かれたそうですが、バンドの結束力は強まりましたか?(笑)

MEG
それはもう!!! 本当に5人そろって食事することが今まで1度もなくて、今回5人そろったのが奇跡なぐらいで。まぁ、てかてかが“焼肉おごるよ”って言ったので、みんな喜んでついて行っただけなんですけどね(笑)。でも、やっぱり練習とか以外にも一緒に食事をしたり、話をしたりするのって大切だなぁと思いましたよ。
Camvas プロフィール

キャンバス:2007年オノタクミとMEGにより結成。08年5月に現在の5人編成バンドとなる。デビュー前から各携帯サイトで話題となり、ミニアルバム『サクラビト』でデビューを果たした。Camvasオフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着