取材:高橋美穂

静かなんだけど強い思いを表現したかっ

この「アマノガワ」は、年明けにリリースされた1st フルアルバム『アイデンティティー』発表後初のリリースということで、ネクストステップというところも考えました?

大平
そうですね。『アイデンティティー』では今までゴーストノートが積み重ねてきたものを全部出そうっていうことで、この3人でできるベストを尽くしたんですね。そこで自分たちの中でひと区切りついて。「アマノガワ」はツアーでやりながら2年半くらい温めてきた曲で、今回やっとリリースできることになったので、あんまりギター、ベース、ドラムっていう3つの楽器だけに捉われず、歌をできるだけたくさんの人に届けられるように、歌がちゃんと響くなら、どれだけ音数が増えてもOKだっていうスタンスで、ストリングスやピアノを入れてチャレンジをした楽曲になりましたね。
佐藤
1stフルアルバムを出して、ゴーストノートは何ぞやっていうのは伝えられたと思うんですよ。今、僕の家に機材が揃っているので、3人で集まっていろいろ試して、やっと具現化できるようにもなったし。曲はおおちゃんが作ってるんですけど、イメージが漠然としてるんですよ。“海みたいな”とか、“山みたいな”とか(笑)。それも付き合いが長くなってきて分かるようになりましたね。曲を作るセンスは信頼してるんで、何とか山のイメージを出さなきゃっていうところで勉強にもなったかと。

歌詞の内容は遠距離恋愛なんですよね。

大平
まだ岡山に住んでいた時に、僕が遠距離恋愛をしていたんです。離れ離れでもつながっていたい願いを歌にしました。でも、リリースできることになった時に、遠恋だけじゃなくて、聴いた人がそれぞれの生活にリンクできるような広い意味のある曲にしたいと思って、ちょっと歌詞を変えたんです。

でも、女々しいくらいに強い思いが入った歌詞ですね。

大平
確かに、僕らしいと思います。“夜が明けるまでだけじゃなく もう寝ても覚めても”って、クドいですもんね(苦笑)。だから歌い方とかは、今まで“ウワァー!”ってやってたところを一歩引いて、言葉とのギャップを意識したんです。静かなんだけど、強い思いを表現したかったので。

また、イントロとアウトロのコーラスだけの部分には、ゴーストノートらしいピュアな美しさがあると思います。

中村
3人の声だけっていうところもあんまり今までの曲にはなくて、すごく目立つので、ライヴの時とかも結構緊張しつつ(苦笑)。でも、今後もこの3人でって考えると、頑張ってコーラスでも彩っていければと思いますね。
大平
まぁ、難しいとは言いつつ、結局は心を込めて歌えば伝わると思うんですよね。

あと、この楽曲はケータイ小説になってるとのことですが。

大平
はい。自分のイメージと違うので面白いですね。この曲は綺麗な感じですけど、物語はすごく生々しいので。でも、人の心と心の距離っていう共通点はあって、「アマノガワ」をナナセさんなりに解釈してくれてることが伝わりますね。

こういった異種格闘技的なコラボは、ゴーストノートを知るきっかけを作ってくれそうですね。

大平
そうですね。今までやってなかったことをどんどんやってるので、楽しくて。幅広い層のみなさんに聴いてもらえるようなスタンスで活動しているので、最終的にはライヴで、こういう3人がやってるっていうのを観てほしいですね。
ゴーストノート プロフィール

ゴーストノート:2003年、結成。現メンバーで04年春より始動。地元岡山だけでなく各地でライヴを精力的に行ない、08年5月にシングル「スタート」でメジャーデビュー。 ゴーストノートオフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着