取材:石田博嗣

夢を誇りに思うことこそが自分の力の源

それぞれの曲が個性的で、内容の濃いアルバムでしたよ。

仲手川
作っている側としては、“シングル以外の曲で如何にびっくりさせるか?”みたいな想いが強かったんで…だけど、前作の2枚のシングルを邪魔することなく、すごくいいバランスに仕上がりましたね。入れる曲に関してはギリギリまで入れたり出したりして考えてましたけど。
水野
でも、4人の感じる部分は一緒で、“この曲を入れたらこうなる”っていうものが見えてて…例えば、個人的には“この曲をはずすと作品として華奢になるかも”と思ったりもしたんですけど、最後に「cocoa」が入ったことで、いいバランス感になって、4人が“いいね”って思えるような作品に仕上がりましたね。
仲手川
もともと「cocoa」のポジションには別の曲が入ってたんですよ。どの曲もフックという意味でも、ストーリー的にも個性が強かったんで、違うアレンジというか…よりタイトなものっていうイメージで、ちょっと試しで作ってみたいです。

「cocoa」は多重コーラスが印象的で、いい意味で異色な感じがあって、アルバムの中でフックになってますよね。

仲手川
単純につなぎというか、SE的なものでもいいのかなって思ってたんですよ。そういうところから作り始めたら、声っていう部分で“どうせ入れるのなら面白いものを!”って感じで重ねていったんです。あれは全部、自分の声なんですよ。

SPANK PAGEのイメージとしては音の壁みたいなところがあるのですが、「cocoa」以外にも疾走感のあるポップな曲があって、それだけではないところも見せてますよね。

仲手川
「ame ~rain song~」みたいな曲が核ではあるし、基本的にはミドルテンポのものが中心なんですけど、アッパーでタイトなものもライヴで試みたりもしてるんですよ。だから、自分たち的にはすごく気に入った曲が収められましたね。

あと、歌詞なのですが、自分を切り取ってるような印象を受けました。

仲手川
そうですね。どれだけ恥ずかしい部分を写し出すかっていうのが、今の自分にできることなのかなって思っていて…言ってしまえば、“あっ、そんなことでつまずくんだ”とか(笑)。“うわっ、これ、見られたくねぇ”って思うんですけど、そういうものじゃないと歌う意味がないというか、自分にとってのリアリティーが出せないんですよね。

それでいて、最後は希望で終わってますよね。

仲手川
それも自分の中に絶対にあるもので…どんどん堕ちていくんだけど、“光に当たっていたい”っていう希望を持っているし、逆にそれが自分が音楽をやっている意味というか、夢を誇りに思うことこそが自分の力の源になっているから、結局はそういうところに辿り着きますね。

では、どんなアルバムが作れた手応えがありますか?

仲手川
今現在のリアルなものがバランス良く出せたなって思います。プラス、すでに次の作品に対して“こういうものにしたいな”っていうイメージがあって…もちろん完成度は高いし、満足もしているんですけど、自分たちも聴いてくれる人も“これから先、どうなっていくんだろう?”って先が見たくなるようなものになりましたね。
水野
初めて聴く人でも、きっとどこか引っかかるポイントがあると思う…別にオーディエンスのことを考えて作ったわけでもないのに、そういうものが自然にあるので、誰にでも楽しんでもらえるアルバムになったと思いますね。すごく満足してます。
SPANK PAGE プロフィール

ロックをベースとしながらもエヴァーグリーンなメロディと歌の世界でロックを新たなものへと昇華させるフュチャー・ロック・バンド。04年横浜で中学時代の幼馴染みである仲手川裕介(vo&g&key)、山下啓一郎(g&key)、大成泰(b)が中心となり結成。06年に水野雅昭(dr)が加入し現在の4人組編成となる。同年にアルバム『ECHOCITY』をリリース、完全自主制作にも関わらず1,000枚を完売させる。

05年には、ライヴを偶然見た寺岡呼人に見初められ楽曲のアレンジとレコーディングの演奏を担当。また『COUNTDOWN TV』制作のコンピレーション・アルバムにも参加するなど、徐々にSPANK PAGEという名を浸透させていく。07年に発売された自主制作のミニ・アルバム『I GO HOME』は、同年の音楽ポータルサイト<NPOO>の視聴ランキング1位を記録。

08年には曲作りをして、即ライヴ会場で販売するという実験的試みの「SPANK PAGE LABO」を発売し、こちらも当然の如く完売させた。また、劇団キャラメルボックスの公演のエンディング・テーマに「you and me」が抜擢、08年末の公演でも新たに「呼吸(SPANK PAGE LABO MIX)」が起用された。
そして09年4月に、<ユニバーサルミュージック>より1stシングル「koi」でメジャー・デビュー。SPANK PAGE オフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着