取材:宮本英夫

全部がまっすぐに進むから生まれるパワ
ーがある

まずは無事に復帰された山崎さんからひと言を。

山崎
ライヴもインタビューも3人でやってもらってたんで、申し訳なかったな~と思います。でも、僕が帰ってきたからといって、超しゃべれる男でもないんですけど(笑)。

では、ニューシングル「butterfly swimmer」ですが、『ヘルシア スパークリング』のCMソングとしておなじみの曲ですね。

内村
曲ができたのは1年ぐらい前なんですけど、最初の方のふわっとした部分はさらに数年前にアカペラで作ってあったんですね。歌詞もだいたいそのままで。最初はもっと切なくて苦しい雰囲気になりそうだったんですよ。でもそうじゃなくて、“楽しくてしょうがない”というプラスのパワーが強い曲にしたかったんですよ。自分の中のタブーとか、それまでやっていた音楽のイメージを外したかったんです。

歌詞はすごくピュアな恋の歌ですけど、サウンドは疾走感たっぷりの激しいロックナンバーですね。

蓮尾
今までにない曲になったと思います。自分なりの衝動的な部分を出せば絶対にリアルに響くと思ったので、そこを気にして作っていきました。
山崎
曲が進むにつれて躍動感が増していく部分を出したいなと思ってました。いつもは曲の空気感や風景を感じながら弾くんですけど、この曲は今までの歌詞とは全然雰囲気が違うので、特に歌詞が耳に入ってきましたね。だから、ベースもすごくリアルな感じで弾きたいなと思いました。
比田井
歌詞がすごくストレートなので、ドラムとしては作りやすかったです。衝動的な楽器だと思うんですよ、ドラムって。ゆったりした部分から急に速くなるところは、一気にドカーン!という感じにして、パートごとに音色も変えて、僕らにしかできないアップテンポな曲ができたと思います。
内村
恋をした瞬間から始まる心の動きを描くというモチーフがあったんです。“これは恋かもしれない→恋だ→私は今こうなってる→もっとこうしたい”って、どんどん突き進んでいきましたね。欲深くなる感じを出したくて、それは歌詞も構成もアレンジもそうだし、全部がまっすぐに進むから生まれるパワーがあると思ってます。

“butterfly swimmer”というフレーズはどんなふうに浮かんだのですか?

内村
恋をして盲目になっている状態を妄想して浮かんだ言葉が、サビの“異次元に飛び込んでバタフライ”だったんです。最初は“異次元に飛び込んでバタフライ、お花畑でハイタッチ”だったんですけど(笑)。

あはははは。それ最高です!

内村
“ありだと思う?”って聞いたら、“それは脳内にとどめておいたほうがいい”って。気持ち的にはぴったりなんですけどね。“イエ~イ!”って(笑)。若干はみ出しすぎました。

すごいパワーのある曲ですよね。日常からどこかほかの場所へぶっ飛ばしてくれるような、解放感が伝わってきます。

内村
ぶっ飛ばし感は常に欲しいんですよ。「futuristic imagination」も「butterfly swimmer」も、こぢんまり終わるんじゃなくて、“とにかくこの方向にぶっ飛ばしたい”というパンチがある感じになったと思います。ただ曲が流れて終わりたくはないし、何か引っかかって、ほかでは得れないものを絶対に書きたい欲求があるので。言ってることは一緒でも、“私の方がもっとリアルに伝えてやる!”みたいな感じはありますね。
school food punishment プロフィール

内村友美(Vocal & Guitar)、蓮尾理之(Keyboards)、山崎英明(Bass)、比田井修
(Drums)からなる4人組ロックバンド。
2004年10月結成。新宿を中心としたライヴハウスを中心に活動をスタート。
2008年12月、3rdミニアルバム『Riff-rain』をタワーレコード限定で先行リリース。タワーレコードJ-Indiesウィークリーチャートにて1位を記録、約1週間で完売となる。
2009年1月14日、『Riff-rain』を全国リリースし、3度目の全国ツアーを行う。同年3月、「JUDY AND MARY 15th Anniversary Tribute Album」に「Brand New Wave Upper Ground」のカヴァーで参加。
そして5月、1stシングル「futuristic imagination」をリリース。school food punishmentオフィシャルサイト
オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着