L→R SATOKO(Dr&Vo)、JUON(Vo&Gu)、JOE(Ba&Vo)

L→R SATOKO(Dr&Vo)、JUON(Vo&Gu)、JOE(Ba&Vo)

シングルとしては3 年ぶりとなる「あ・あ・あいやいや・あ・あ!」。雄叫びのようなタイトルはもちろん、新境地とも呼べる洗練されたサウンドも衝撃的だ。
取材:石田博嗣

今回はワンコインシングルということで1曲入りなのですが、いくつか他に候補曲はあったのですか?

JOE
いっぱいあったけど、この曲のJUONの歌を聴いた時に、これしかねぇなって。
SATOKO
何曲入りにするにしても、表題曲はこれだなって。で、“やりたいのがこの曲なんだったら、1曲でいいじゃん”って。

サウンドが洗練されていてシンプルで、いい意味で今までのファジコンらしくないと感じたのですが。

SATOKO
ウチらってオッサン臭いっていうか、音楽が老成しているところがあると思うんですよ。なんで、今回は“作品を作る”っていうことを意識して、アイデアを詰め込んでは壊しってのを繰り返して、“作り込む”ってことをしたんです。
JOE
変わろうとしたというか、今までのものを壊さないと次に行けない…
JUON
自分たちが自信を持って提供してきたものを壊して、さらに“もっといける!”という感覚でやる…ってことが必要だったのかなと思いますね。でも、そういうことをやっていると、どんどん素の自分に戻っていくんですよ。一周したっていうか。そしたら、すごくやり易くなったんですよね。
JOE
余計なことを考えすぎていたというか…だから、さらに広がりましたね。

そうやって変われたのは、DREAMS COME TRUEのバックを務めたことも影響してます?

JOE
ありますね。視野が広がりましたから。大きな会場でやらせてもらったりしてるし。
SATOKO
うん。私が叩いたシンバルが一番端の人にどんな感動を与えてるのかなんて分からないと思ってたんだけど、それが分かるようになってくるんですよ。すんごい端っこの人と、音楽で交信することができるんです。それってテクニックとかじゃないんですよね。今回のシングルを作る時にもそういう感覚で、一曲入魂みたいな感じでできたかなって。それに今回、ドリカムのふたりが側にいてくれたんです。
JOE
ふたりがいろいろ引き出してくれたんですよ。
SATOKO
何も言わずにね。“こうしてみたら?”って言うんじゃなくて、“どうして、こうしたの?”って聞いてくれるので、結局は自分で考えて、そうなんだって気付かせてくれるんです。

では、この曲を完成させてバンドも変われました?

JOE
“変われた”っていうより、“進めた”って感じかな。
SATOKO
無理はしてないからね。限界まで最大限に力を引き出したら進んでいた、みたいな。だから、このCDを作って自信が付きましたね。自分たちのライヴでも、他のアーティストのライヴでも、どんな場所でも輝いていれば、カッコ良ければ認めてもらえるじゃないですか。そんなふうに物事ってのはシンプルなんだって気付けたから、自分らが心から本当に一番良いと思っている音楽をどんどん出していけばいいんだと思ってて、今回がその第一弾みたいな感じになりましたね。

それほどバンドにとってすごい意味を持つ楽曲ではあるけど、このタイトルになったと(笑)。

SATOKO
そこは変わらない、ファジコンらしさです(笑)。
JUON
誰でも叫びたくなる時ってあるじゃないですか。その声が“あ・あ・あいやいや・あ・あ!”だったわけです(笑)。叫び声って“今、何て言ったの?”って聞くようなものじゃないし。
「あ・あ・あいやいや・あ・あ!」
    • 「あ・あ・あいやいや・あ・あ!」
    • DCTR-5092
    • 2009.06.21
    • 500円
FUZZY CONTROL プロフィール

ファジー・コントロール: ロックの王道を行くダイナミックな楽曲が特徴で、3ピースとは思えないエネルギッシュなライヴパフォーマンスが最大の魅力。メンバー個人のスキルが圧倒的であり、ミュージシャンからの評価が高いいわゆる”ミュージシャンズミュージシャン”との異名を持つ。数々のミュージシャンのツアーサポートを始め、SATOKOは執筆活動にも挑戦するなどバンド以外の活動も精力的に行なう。FUZZY CONTROL Official Website
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。