取材:石田博嗣

“ウチ等のやること=ロックンロール”
と認知させたい

「ロックンロールをやるっていうのが、このバンドの始まりだったんだよね。暗い時代にスコーンと突き抜けた音楽を撒き散らして、ハッピーにさせてやるって。そんなことを本気で考えてる大人って、ものすごくアホで素敵でしょ? サウンド的には徹底的にロールしてやろうと。“ロック”というよりは“ロール”に意味があるね」(本郷)

そう、Scars Boroughはロックンロールをやるために結成されたバンドなのである。そして、その目的のために、この4人が集まった。それは偶然でなく、必然だったことを、初めて音出した時に実感したという。

「初めて音を出すって瞬間は、疑心暗鬼だったり、興味津々だったり、それぞれにいろんな気持ちが内面に交錯するもんなんだけど、“OK、バッチリじゃん”って感じだった。“せーの”で出した音のバンド感というか、集合体としての面構えがえらくカッコ良かったんだよね。この4人じゃなきゃ出せない、そんな空気感があふれ出てた。初日から、“以前から組んでいた”みたいな感覚があったね」(本郷)

そんなロックな4人が完成させた、1stミニアルバム『Scars Borough』。言うまでもなく、ソリッドで痛快なロックンロールがガツンと届いてくる。

「全部がスッキリとシンプルなものにしたい…と思ってたら、全曲3分ジャストに近い作品になってた。“もう一回聴きたい”と思わせるアルバムにしたかったんで、ソロもあえてなくして、トコトンソリッドに!って感じだったな」(本郷)
「シンプルだからこそ届く深さっていうか…それぞれの人間性を感じるようなアルバムになったかな」(高橋)

最後に、Scars Boroughをどんなバンドにしたいと思っているのかを尋ねてみた。

「“ウチ等のやること=ロックンロール”と認知させたいね。実際、ロックンロールの定義も曖昧なものだし、ウチ等が提示するカッコ良いもの、それがロックンロールなのだよ、諸君。なんちって」(本郷)
「精神的にも、音楽的にも自由にかな。ロールを前提に! 難しいことは頭の良い奴に任せたぜ!」(高橋)
Scars Borough プロフィール

スカーズ ボロ:2009年、それぞれのバンドの活動休止をきっかけに、本郷 信(THE TRANSFORMER)、高橋宏貴(ELLEGARDEN)、Kyoko(minimal Hugg)、MARCH(minimal Hugg)の4人がROCKしようか?”という言葉の下に集結。同年4月にミニアルバム『Scars Borough』 を発表すると、全国40カ所の対バンツアーを敢行し、その圧倒的かつ野獣的なライヴパフォーマンスによって高い注目を集めた。Scars Boroughオフィシャルサイト
オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着