取材:石田博嗣

楽しい雰囲気が常にあった

a flood of circleのサウンドはブルースや70年代のロックが下地にあるのですが、最初からそういうものをやろうと?

結果、そうなってしまったという感じです。最初はギターの岡庭(匡志)とふたりで遊びでやってたんですけど、彼が持っているものがブルース寄りだったというか…ミスチルも知らずに、エリック・クラプトンとかレッド・ツェッペリンばかり聴いている男だったんですよ(笑)。だから、最初は単純に“楽しいな”ってことでギターのセッションをしていただけなんで、今気付くとブルースロックが基になってるんだなって。

そこに他のメンバーが入ったりして、バンドとしても変わっていったという感じですか?

そうですね。でも、最初のミニアルバムを出した後のツアーが、一番の変化のきっかけになってますね。CDを出したということで、“人に届ける”という意識が芽生えたツアーだったんで、そこが意識の転換期でした。

そして、今回のアルバムでメジャーデビューとなるわけですが、初めてのフルアルバムということで意識したことは?

将来振り返った時に、越えられないでっかい壁みたいなものになってればいいなって感じでしたけど、特にコンセプトとかはなかったですね。今までの3年間の集大成になってればいいかなとは思ってましたけど。

インディーズ作品の音源や代表曲が入ってますしね。

はい。あと、22年と半年の人生をまとめたものでもありますね。遊びの延長だったり、自然発生の曲が多いので、バンドを始めてからの3年間だけじゃなく、今までやってきたことの全てが詰まっているのかなって思うので。

ロックナンバーだけじゃなくて、ポップな曲も入っているのは、それぞれが聴いてきたものが出ているんでしょうね。

それはあると思います。逆に“ブルース”っていうキーワードは途中から意識し始めたんですよ。やっぱり、そこは自分たちが身にまとってきたものなので。だから、『-session-』や『ブラックバード』みたいなブルースロックっぽいものはアルバムとしての芯を通すために入れました。

また、アレンジ等では、遊び心も忘れてないですね。例えば、「Buffalo Dance」のアワワ~という雄叫びとか(笑)。

今回のアルバムは特にそうかもしれないですね。岡庭と最初にセッションを始めた時みたいに、“楽しもう”っていう気持ちが4人にあったし、周りのスタッフにもあったんで、それが曲に反映されていると思います。だから、アワワ~もちょっと前だったらダメってなってたかもしれないけど、今回はアリでしたね。それだけバンドも成長したというか。アワワ~がダメだった時の空気というのは、変に真面目だった。ライヴとかでも“お客さんを楽しませないといけない”って思ってたし。でも、人がどうこうよりも、まず自分が楽しいかどうかだろうって思うようになったんで、そういうものも許せるようになりましたね。

では、本作でデビューして、メジャーというフィールドでどんなことをやっていきたいと思ってますか?

今までと変わらないでいたいですね。自分に素直にあり続けるというか…変にフィールドは意識したくない。取材の本数を増やしてくれたり、関わってくれる人の数を増やしてくれたりして、音楽がやり易い環境を作ってくれているので、より自由に音楽をやりたいです。それがこういう状況を作ってくれていることに対して、失礼のない態度だと思うので(笑)
a flood of circle プロフィール

佐々木亮介(vo&g)、石井康崇(b)、渡邊一丘(dr)からなる3人組ロック・バンド。06年にa flood of circle(ア・フラッド・オブ・サークル)結成。下北沢、渋谷を中心にライヴ活動を開始。ブルース/70年代のロックをルーツとした重厚かつフリーキーなサウンドに、佐々木の圧倒的なヴォーカルを加えた他に類をみない独自のスタイルを追求する。

早熟な音楽センス、そして卓越したライヴ・パフォーマンスには定評があり、新宿LOFTや下北沢SHELTERを拠点に全国ツアーを展開。『FUJIROCK FESTIVAL'07』にも出演し圧巻のステージを披露、LIQUID ROOM ebisuで開催された『FUJIROCKアフターパーティー』にも大抜擢される。

07年7月に1stミニ・アルバム『a flood of circle』を、08年5月に2ndミニ・アルバム『泥水のメロディー』をLOFT PROJECT発信のインディーズ・レーベル<CRUX>より発表。続く08年秋には、異例となる3ヶ月連続でライヴ音源をリリースし、08年の年末に開催された『COUNTDOWN JAPAN 08/09』にも出演。

09年4月、<ビクターエンタテインメント>内に所属する<SPEEDSTAR RECORDS>から1stフル・アルバム『BUFFALO SOUL』でメジャー・デビューを果たし、a flood of circleという名が着実に全国へと飛び火中である。a flood of circleオフィシャルサイト
オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着