取材:高木智史

自分たちのやりたいこと貫けばいい!

メジャー1stシングルとなる「タイムラグ」ですが、激しくて、癖になるメロディーが脳内を駆け巡る、ライヴバンド・つしまみれとしての魅力が詰まった楽曲ですよね。

みずえ
この曲を作るきっかけになったのが昨年秋の全米ツアーで、時差ボケでハイテンションな気分をそのまま表現しました。
まり
作りながら“絶対、ライヴで盛り上がるよねー♪”って言ってたから、常にライヴで演奏してるシーンを思い描いてたかも。
やよい
とりあえず、“最初っから最後までワーってなれる勢いがあって分かりやすい曲を作ろう!”って思ってた。つしまみれの曲って、ひねくれたものが多いから。何にも考えないで心の赴くまま、体の赴くまま、ライヴを楽しんでもらえるような曲になればなと。でも、“タイムラグ感がもっと欲しい!”と思って、曲のバグのような昭和歌謡の章が産まれたんですけど(笑)。

その昭和歌謡のところなどストーリー性を感じたし、歌詞も韻を踏んでいて印象的でした。

まり
歌詞を書いたきっかけは、アメリカツアー中での現地の人たちとの会話ですね。そこで出てきた“時差ボケ=JET LAG”って言葉が妙に気になって、そこでイメージしたのが“TIME LAG=時間のズレ”だったんです。そこから、言葉の響きとリズムで、単純に“タイムラグ”と“グラグラ”が結び付いて、“タイムラグ頭グラグラ~”っていうAメロのフレーズとメロディーとリフが沸き上がってきました。実際、ツアー帰りで時差ボケしてたし、頭グラグラしてたから、とっても自然な流れだったんです!(笑) その後、曲作り合宿でみんなに提案すると、みんなも“タイムラグ”を感じてたから3人のイメージもすぐに合致しました!

でも、歌詞から未来へ向いた前向きなメッセージが感じられて深いなぁと思いましたよ。

まり
ありがとうございます!!  言葉遊びから始まった“タイムラグ”なんだけど、実際に世の中と自分たちとか、過去と未来とか、人と人とか、いろんなことに対して“タイムラグ”が生じてるって曲を作りながら気付いたんです。それで、ライヴで何回か演奏して、お客さんに対して“時代に流されないで自分たちのやりたいこと貫けばいい! 時代を作ればいい、それが時代の最先端だ!”って伝えたいって思うようになってた。思う前に叫んでたんですけど…(笑)。今、自分たちは、本当にカッコ良いことを信じてやってるけど、まだまだ世の中とのギャップを感じてて…“みんな、本当は求めてるはずなのに!!”って世の中とのズレを感じてたりもして、“あたしたちが時代を切り開かなきゃ!!”って歌うたびに強く思うようになって、その熱が歌詞にこもってます。同時にこれは記念すべき1stシングルって気持ちもあって、“ここからつしまみれが日本の音楽シーンを引っ張っていかなくちゃ!(まずは目の前にいる客席のみんな!)”っていう気持ちもこもってるんです。バカみたいに大げさなこと言ってるけど、“みんなつしまみれについてきて!”って伝えたい!
みずえ
時代を引っ張る人、乗る人、逆らう人、いろいろいるけど何がカッコ良いかなんて誰にも決められないと思う。“自分は自分の時間の中で生きるしかないんだから全力で走れ!”って気持ちです。
やよい
“周りに振り回されずに最高にカッコ良いことやってる自分が時代の最先端なんだ! 本質を見ようよ!”ってことかな。
つしまみれ プロフィール

まり(vo&g)、やよい(b&cho)、みずえ(dr&cho)千葉大学バンド・サークルで出逢い、99年に結成。コピー・バンドを経て結束を深めた3人は今までにない楽曲作り、3人でしかできないオリジナル曲を制作、01年より大学外でのライヴ活動をスタートさせ、千葉LOOKを拠点に、徐々に都内へ進出。04年春、無名の状態で飛び込んだアメリカが熱狂、同年8月には<BENTEN Label>よりデビュー・アルバム『創造妊娠』をリリースした。

04年〜06年には、ELLEGARDEN、PE'Zなど大物日本バンドとのツアーでヘッド・ライナーを務め、アメリカで人気のスーサイド・ガールズとのロング・ツアーが全米で話題を呼び、これまでに行った全米ツアーは150本を超える。また、07年7月に1stミニ・アルバム『脳みそショートケーキ』を発表後、渋谷クラブクアトロで行われたワンマン・ライヴを満員で終え、年末には初となる『COUNTDOWN JAPAN 07/08』に出演。

08年9月より2年ぶりとなる全米ツアーを敢行、アトランタで開催されたアニメフェスにも参戦。帰国後、12月にパワーパフガールズとのコラボを実現したミニ・アルバム『Six Mix Girls』をリリース。年末には2年連続となる『COUNTDOWN JAPAN 08/09』に出演し、COSMO STAGEを熱狂の渦に変えた。そして、09年6月、夏をテーマに唯一無二の世界観がたっぷり凝縮された1stフル・アルバム『あっ、海だ。』をリリースし、日本の音楽シーンを動かすべく活動中。かつ、世界中につしまみれの音楽を届けるべく活動を展開している。つしまみれ Official Website
つしまみれオフィシャルサイト
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着