取材:高橋美穂

ポップは外向きじゃなきゃって思った

“SHY!!”ってアルバムタイトルで1曲目は「boys be」、さらに爽やかに駆け抜けるアー写っていう、一貫して80’sなベタな世界観に、かなりグッときてしまったんですが。

斉藤
いや、その辺は計算してないんですよね。自然に出てきてるところが結構マズいなと(苦笑)。

へえ! 事前にアルバムのヴィジョンはあったんですか?

斉藤
いや、コンセプトは掲げてなかったですね。でも、それにしては、意識したわけじゃないのに、“SHY!!”ってタイトルに楽曲たちが寄ってってくれたなぁって。

まず私が気になったのは「happy end」ですが、歌詞は“お茶菓子”なんてロックらしからぬ言葉もありながら、“信じれば一層強く”って美しい本音もあって。両極に振れてますよね。

斉藤
やっぱりどこかでシニカルな部分は出てしまうっていうか。本音はオブラート2枚くらい巻いておこうかな、っていうのはありますね(笑)。それも自分たちがシャイだからでしょうね。

でも、最近のライヴはぐいぐい出てきてるじゃないですか。

竹内
私生活は変わらずシャイです(苦笑)。昔は照れがあったけど、今はまったくないんで。ステージ上だけオラオラです(笑)。お客さんがコミニュケーションをとってくれようとしてくれるから、俺も行けるっていう。昔は、する相手がいなかったし(苦笑)。
斉藤
やっぱり、ネガティヴでいて得することって少ないなって思ったんですよね。今までは内側に爆発することでテンションを高めてきたんですけど、ポップって外向きじゃなきゃいけないな、外向きな表現がしたいなって思うようになったんですよ。

それもあってか、聴き手に対する意志も感じる音楽になってますよね。シンガロングやハンドクラップも織り込まれてて。

竹内
インディー盤の『HITS!!』の頃は、自分たちだけの音楽だったんですけど、今は聴いてる人が楽しくないとこっちも楽しくないですからね。

楽曲のバリエーションも広がってますよね。

斉藤
僕ら、ベストアルバムとかコンピレーションアルバムのカラフルさが好きなんで、今はいろんな表現をしたいんですよね。

かつ、一曲の中にもたくさんの要素が詰まってますよね。

斉藤
そうですね。初期衝動だけじゃないところは見せたかったんで、前回やってないことをやってみたかったんですよね。

それぞれ、どんな新しい挑戦をされましたか?

加藤
僕はベースを指弾きにしました。今までピックでやることにプライドを持ってたんですけど(笑)、曲が幅広くなってきたんで、選択肢を広げる意味でいっぱい練習してやりましたね。
山下
僕は曲を作りました。今までは出しても形にならないことが多くて、心がボキボキ折れてて(苦笑)。今回、ある程度形にして持っていったら通ったんで、そこからタガが外れましたね。
苅谷
今までは自分たちが入れたい曲を、入れたい曲順でアルバムを作ってたのが、今回はいろんな人の意見を聞いたんで、自分たちも客観的に見れるようになったかなぁと思いますね。

でも、シニカルなキュートさって核は変わらないですね。

斉藤
ストレートに“愛してる!”と言えれば一番いいと僕は思うんですけど、言えないし、今のところシャイな場所が心地良いっていうのがありますね。素直でポップでカッコ良い感じのバンドとか、ちょっと邪悪で悲壮感が漂う激しいバンドとか多いけど、僕らはそうではないし。そういうところで差別化はされてるのかな。その上で、決意表明的な、前向きになろうよっていう気持ちが表れたアルバムになったと思います。
竹内電気 プロフィール

愛知県三河地方在住の苅谷達也(dr&per)、竹内サティフォ(g&Cho)、山下桂史(vo&syn)、斉藤伸也(g&vo)、加藤広基(b)からなる5人組ポップ・バンド、竹内電気。05年より本格的にライヴ活動を開始。バンド名は、リーダーである竹内の実家が経営する「合資会社竹内電気工業」に由来。

エモ/AOR/シンセ・ポップまで広い振れ幅を持つサウンドと卓越したアレンジ力に、山下と斉藤の2人のヴォーカルが交じり合い、エンターテイメント性高いライヴ・パフォーマンスといわゆる草食系なキャラクターでシーンでも異質ながら着実にその名を浸透させる。

07年〜09年にかけて、『HITS!!』『OK!!』『SHY!!』と3部作のアルバムをリリースし、08年に『ROCK IN JAPAN FES.2008』へ出演。“WING TENT”にて午前中にも関わらず入場規制をかけるほどの人気を集めた。09年には、全国45ヶ所を廻る初の全国ツアー『「SHY!!」 release tour‐KONJOH‐』を敢行。次世代王道ポップとでも言うべき、センチメンタルでキュンとくる歌声&サウンドで全国に竹電旋風を巻き起こす。竹内電気オフィシャルサイト
竹内電気オフィシャルサイト
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ インタビュー

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着