取材:石田博嗣

激しいロックの匂いがするエレクトロミ
ュージック

今作はエレクトロやテクノという要素を押し出しながらも、ライヴ感の強いアルバムになりましたね。

ザ・ジェッジジョンソンはエレクトロが重要な要素であることに変わりないんですが、ライヴハウスでの活動、生で伝えることを最も重要視したバンドなんですよ。今回のアルバムに関しては、ロックが持っているグルーヴであり、躍動感であり、激しさであり、そういったものを盛り込むってことだけに重点を置いて制作しました。

なぜ、そういう部分を今作で出そうと?

実は、このコンセプトは前作の『Discoveries』を制作している時からあったんです。メジャーで一番最初にドロップされた『Discoveries』はジェッジの側面のひとつであるエレクトロの部分を強く出したいと思ってたんで、二作目はよりロックな、よりダンサブルなものを突き詰めていこうって。だから、アルバムの制作も前作の制作が終わった次の日から始まっていたという。連続しているんですよね。

そのサウンド作りも、ほんと職人技ですよね。

日本のミュージックシーンって生演奏至上主義で、“手を抜いたもの=打ち込み”みたいな認識があるというか…テクノロジーとかエレクトロニクスって“DTM(Desktop Music)”と呼ばれるジャンルだと思うんですけど、僕自身、“DTM”や“打ち込み”と言われるのが非常に嫌で、それって音楽的な差別用語だと思ってるんですよ。バンド演奏をより効率的にするためにテクノロジーは発達してきたわけであって、決して代用物ではないし、逆に進化したテクノロジーでより緻密にすることで、生演奏ではできないようなことができるはずなんですよ。その職人的な部分とか、緻密なものをいかに生と融合させるかが、ジェッジの基本コンセプトなんですね。なので、その緻密な感じは受け取ってもらえるかと思います。

そういうライヴ感のあるサウンドが作られているのですが、その中心には歌がありますよね。

今回は特に日本語詞に比重を置いて制作をしたんですけど、作り方が特殊で…一番重要なのはメロディーと歌詞だと思ったので、レコーディングとアレンジが全て終了してから、正式な歌詞とメロディーを当てはめていったんです。デモトラックにはラフなメロディ-は存在するし、その段階で楽曲の世界観とかイメージコンセプトは決まっているんですけど、より緻密に歌い回しとか語感を…例えば、日本語で言うなら“は”を“を”に変えるとか、そういう推敲に膨大な時間をかけました。

ライヴ感のあるアルバムでありつつも、最後は“we love 8bit world”と歌うテクノロジーを駆使した「CONTINUE?」で終わるのが興味深かったです。

実は、その曲を収録するかどうか最後まで迷ってたんですよ。エレクトロであり、ダンスミュージックというのは、ジェッジを構成してきた不可欠な要素であって、そこが他のバンドと異なる部分だと思うので、急遽、最後に入れました。

とはいえ、やはり前作とは違った作品になりましたね。

そうですね。非常に激しいロックの匂いがするエレクトロミュージックになったと思います。前作よりも熱量が増した…ライヴの風景というか、リスナーのノリというか、そういうものがイメージできやすいものになったかな。それプラス、文学性…日本人であるがゆえの情景感とか世界観が伝えられるものになってると思います。
ザ・ジェッジジョンソン プロフィール

正確な誕生年月日は不明だが、中心人物である藤戸じゅにあ(vo&g)が学生時代に音楽活動の名義として「ジェッジジョンソン」を名乗ったことが始まりと云われている。そこに現在のメンバー、池橋壮一(g)、中沢大介(b)が流動的に参加して現在の編成となるため、一般的なバンドの様な結成日が存在しない。また、趣味レベルの活動状況であったにも関わらず、自主制作で97年にフル・アルバム『MILKMIX』、01年にマキシ・シングル「FIGRE3A」、フル・アルバム『Garbandian Strike』を発表するなど、当時からそのデザイン・センスや音楽性から、熱心なコア・ユーザーが多く居たために活動歴は長いと思われがちだが、実際に活動が本格化してインディーズで認知されはじめたのは、東京・下北沢の老舗レーベル<UKプロジェクト>に所属して、アルバム『DEPTH OF LAYERS UPPER』『DEPTH OF LAYERS DOWNER』を発売した04年頃であり、ここがバンドの正式活動の始まりという見方が強い。

今でこそエレクトロという概念が一般的に浸透しているが、活動開始当初は、当時としては特異な音楽性とドラム不在のメンバー編成によって「ドラムが居ないから打ち込み」と揶揄され、ライヴハウスに出演を断られるなど、差別や偏見と闘いながらの過酷な活動状況であった。困窮した結果、「ライヴが出来るなら共演者のジャンルを選ばない」という方針を取るが、これがジャンル的な誤解に拍車をかけてしまい、長らく正当な評価をされることが無かった。その後、東京・下北沢のライヴハウス“CLUB Que”の店長の目に止まり、全面的なバックアップを受けたことがきっかけで状況は一変する。下北沢を中心にライヴ活動を勢力的に行い、アルバム『DEPTH OF LAYERS DOWNER』は、カナダやブラジルなどのFMチャートやカレッジ・チャートにおいて、口コミでトップ5にランクインするなど一定の評価を得た。

07年には<キングレコード>が新たに設立したJ-ROCK部門のレーベル<UNITED TRAX>と契約し、08年4月にアルバム『Discoveries』で遂にメジャー・デビューを果たす。09年2月には前作より10ヶ月という短い期間でアルバム『12WIRES』を発表。元来メジャー志望では無かったため、(藤戸をはじめとするメンバーが管理職クラスのサラリーマンもしくは社会人であったため)結成以来、宣伝を嫌い露出を避け続けていたが、07年以降は、雑誌のインタビューや『SUMMER SONIC』『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』『COUNTDOWN JAPAN』などの日本国内最大級フェスへの参加など、露出を増やす傾向にある。また同時に、坂本龍一と矢野顕子の実娘であるミュージシャン坂本美雨への楽曲提供を行うなど、活動の幅も広がりつつある。ザ・ジェッジジョンソン Official Website
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着