取材:ジャガー

もう一度、スタート地点に立った

初の両A面シングルですが、その経緯を教えてください。

コザック
Wii版とし発売されるゲームソフト『デッドライジング~ゾンビのいけにえ』の主題歌を書かせてもらうことが決まって、“もう1曲、ガガガSPらしい曲を”ということで「恋は永遠」を作りました。2曲ともまったくテイストの違う曲になったので、両A面にした方が面白いんじゃないかなと。

純粋な想いが詰まった「恋は永遠」と、ライヴの絵が目に浮かぶ激しいチューン「デッドライジング」…確かに、違いますよね(笑)。制作に入る前にテーマはあったのですか?

コザック
「デッドライジング」の歌詞のテーマや世界観は、最初から先方からいただいてましたから、作詞はカプコン(ゲーム制作会社)さんですかね(笑)。あと、個人的な話ですが、去年結婚したんですよ。とはいえ、これからの人生で起こるいろんな見るもの、聴くもの、触れるもの…全てにときめいてたいなというのがあって。それをテーマに「恋は永遠」を作ったんです。それと、不景気という時代に自分たち自身で興奮していこうという意味を込めたのが、もう1曲の「メッセージソング」です。
山本
僕は“語りの曲をやってみたい”“みんなで合唱できる曲にしたい”というのを「恋は永遠」のコンセプトにしました。

「恋は永遠」ですが、ガガガSPらしい歌詞やメロディーに感動しました。結成から10年以上経ってもバンドの熱量は高まるばかりなんだなと。

コザック
音源もライヴのテンションも、人から見たら変わったと言われるかもしれないですけど…いい形で初期に戻ってる感じはしますね。“もう一度、スタート地点に立ったな”って。
桑原
長くバンドをやってれば、演奏とか上手くなっていくと思うんですけど、なんか毎年新鮮なんですよね。
田嶋
いい大人に成長しつつ、初期衝動は忘れていないです。
コザック
いい大人になったから逆にできることはあるかもね。今もライヴのテンションは変わらないし。

“結婚してもより今まで以上にセンチメンタルにそして情けなく 僕たちは希望と恋を探していこうじゃありませんか”という歌詞が印象的でした。恋は時としていろんな原動力になりますが、メンバーさん自身は恋をするとどうなりますか?

山本
いやー全てが上手くいきそうですね。恋をしてない時より、テンションが上がるんじゃないですか?
田嶋
僕も上がりますね、上手くいくかは置いといて。恋してる方が楽しいんじゃないですか、人間は。

3曲聴き終えた感想が“やっぱりガガガSPだな”っていう、心のよりどころみたいな安心感がありました。それだけ聴き手とバンドとの距離が近いんだなって。

コザック
あまり聴き手のと距離を遠くしたくないというのはありますね。
山本
聴いてる人にも“身近な出来事を歌ってるなー”と感じてもらえるようにやっていきたいんで。

改めて今作はどういう作品になったと言えますか?

コザック
3曲バラバラのように聴こえるんですけど、やっぱり結局はガガガっぽくなっている作品ですかね。バンドを10年以上やってるので。
山本
これがデビューしたてのバンドならよく分からないと思うんですよ。
コザック
そこが上手くまとまってるので、これからもガガガSPをやれることが分かったシングルやと思います。
ガガガSP プロフィール

ガガガスペシャル:1997年、地元神戸にて結成。フォークをパンクというフィルターに通し、まったく新しいかたちのパンクを誕生させ、2000年にシングル「京子ちゃん」で衝撃的なデビューを果たす。その後、驚異的なスピードでパンクキッズたちの心を掴み、02年にシングル「卒業」でメジャーデビュー。一気にシーンの中心に躍り出る。07年には自己レーベル『俺様レコード』を設立、08年にはガガガDX名義でのカバー「にんげんっていいな」(日産セレナTVCM)が着うた100万ダウンロードを記録し話題に。10年から地元神戸にて1万5,000人を集める野外フェス『長田大行進曲』を開催するなど、常に音楽シーンの中心で精力的な活動を続けている。ガガガSP オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着