L→R KURO(Ba)、YUKI(Gu)、MASA(Vo)、TAKUYA(Dr)

L→R KURO(Ba)、YUKI(Gu)、MASA(Vo)、TAKUYA(Dr)

【Dear Loving】気持ちいいソリッド
なバンドサウンド=ビート!

昨年、結成15周年記念アイテムであり、インディーズラストでもあるベストアルバムを発表したDear Loving。待望のメジャーデビューシングルは、彼ららしくポップでロックでありつつも、フックとなるメッセージを秘めている。
取材:土内 昇

「Fly high」はデビュー曲らしく飛翔感というか、突き抜けたポップ感のある曲ですね。

MASA
作る前からメジャーデビューというのは決まってたんで…インディーズの時から、どこのバンドにも負けないぐらいプロ意識を持ってやってたから、気持ち的には何も変わってないんですけど、作り手として自分の中でのハードルが上がったというか。何十曲も作ったけど、もっといいものが出てくるのを待って、それで出会えた曲ですね。
YUKI
まさに、“来たな!”って感じでした。初めて原曲を聴いた時、Dear Lovingらしい曲ではあるけど、ひとつ抜けた感じがあったんですよ。ストレートに胸に届くメロディーと歌詞だし、“これだったら、デビュー曲に相応しいな”と思いましたね。
KURO
まだアレンジも何もしていない原曲の段階で情景的なものが見えていたし、これをどんどん煮詰めていけばもっと広がって、すごくいい曲になるって思いましたね。
TAKUYA
“売れたな!”と(笑)。聴いた瞬間に、ビビッと僕の心にツボりました。それまでにも何曲かMASAが持って来たものを聴いてたんですけど、“何か違うな”ってなってて…別にダメなわけじゃないんですけど、メンバー間でもハードルを上げていたから、「Fly high」を初めて聴いた時は“売れたな!”と思いましたね(笑)。

そんな曲をどうアレンジしようと?

YUKI
今までよりも多くの人の耳に届くということで、バンド感を意識しました。5秒聴いただけで“カッコ良いバンドだな”って思うようなものというか。
MASA
今の時代のバンドサウンドは追い求めずに、でも時代性があるものを作りたかった…今のバンドってグルーヴを重視してるじゃないですか。でも、僕らはビートを大事にして、それでいて時代性のあるものをやろうって。

そこがDear Lovingらしさだと? BOOWYのコピーバンドを5年もやってたし(笑)。

MASA
そうですね(笑)。でも、ほんと、そこは大事で…僕らは僕らでいたいというか、今の時代のバンドサウンドを聴いている人が聴いても“カッコ良い!”と思ってもらえる楽曲を、バンドとして作るべきだと思ってました。気持ちいいソリッドなバンドサウンド…それを3文字で言えば“ビート”になるんですけど(笑)、そこはすごく拘りましたね。
TAKUYA
僕のステージネームも“8ビートTAKUYA”になりますから。8ビートしか叩かない(笑)。

歌詞は“ポジポック”らしく、ポジティブなものを意識したのですか?

MASA
“意識”とは違う…逆に、15年やってきたんでリセットしたかったんですよ。新人1年目なんで、16年目の気持ちでやりたくなかった。だから、“ポジポック”に添って作るんじゃなくて、今の僕らが打ち出さないといけないものをメッセージしようと…でも、芯の部分は変わらないから、自分たちが良いと思うものを作れば、自ずとそういうものになりますよね。

でも、“あなたが生きている今日は、誰かが生きたかった日々で あなたが生きている今日は、誰かがサヨナラした日々で”というのは、かなりヘヴィなメッセージですよね。

MASA
最後の大サビで時間が止まるぐらいの大きなメッセージを残したかったというか…最終的に、そこのメッセージを残したかったんですよ。
YUKI
ズドーンときますよね。僕自身、“俺、今日も頑張ろう!”って思ったし、聴いてる人にも何かを感じてほしい…“この歌を聴いて、ズドーンと来ないとヤバいぞ”って思いますね。頑張ってない人っていないと思うんですけど、自分を高めるためっていうか、もう一歩先に、もう一歩高く行ってほしいなって。僕も行きたいと思っているし。

それだけのインパクトがあって、デビューシングルとして相応しいものができたという感じですね。

MASA
生意気かもしれないですけど、ここ何年か聴いたバンドもののCDの中で一番いいですね。これを作った後に、TSUTAYAに1位から10位までの曲を聴きに行ったんですよ。“負けてないな”って思えるぐらいの自信作だし、いいスタートが切れたと思ってます。それがセールスにつながらないとダメな世界に来たわけだから、そこはシビアに考えたいし…今までの15年って、いい楽曲を作って、いいライヴをすれば良かったけど、これからは僕らの音楽を広めるために頑張ってくれる人がいるわけだから、他のバンドに負けてるようなものを作って“これを売ってください”ってお願いするのは失礼じゃないですか。売れる売れないは僕らには分からないけど、トップ10に入るような楽曲を作ることが僕らの仕事なんで、そういうものが作れた自信はありますね。
TAKUYA
2月、3月とツアーがあるんですけど、新たな気持ちで戦えるというか、どこに行っても自信を持ってステージに立てるものが作れたので、テンションが上がってるし、ほんとツアーが楽しみなんですよね。要するに、“売れたな!”と(笑)。このシングルを持って地方を回るんでね。
KURO
全3曲なんですけど、Dear Lovingをすごく表していると思うので、ひとりでも多くの人に聴いてもらって、世の中の人にDear Lovingを知ってもらいたいですね。
YUKI
Dear Lovingを語るに自信を持って出せるシングルですね。『キャプテン翼』で例えると「Fly high」は翼くんで、「Searchlight ~闇の中にいる君へ~」は日向小次郎で、「ココやぞー!!」は顔面ブロックの石崎 了です!
MASA
今の例え、失敗したと思ってるやろ(笑)。
YUKI
ちょっとな(笑)。

岬くんがいないしね(笑)。

YUKI
キャラがバラバラな方がええかなと思ったんで…。
MASA
岬くんは3月に出る次のシングルですね(笑)。
「Fly high」
    • 「Fly high」
    • CYCL-35017
    • 2009.02.18
    • 1260円
Dear Loving プロフィール

ディアラヴィング:当時同じ中学の同級生だった現メンバーにて結成。その後、BOØWYのコピーバンドを5年間続け(危うく本家よりBOØWY歴が長くなるところ…)、98年より大阪を中心にライヴ活動をスタートさせ、01年に独自のジャンル“ポジポック(ポジティブでポップでロック)”をバンドコンセプトに掲げる。結成16年目となる09年、ついにシングル「Fly high」でメジャー進出を果たした!Dear Loving オフィシャルサイト
MASA OFFICIAL BLOG
YUKI OFFICIAL BLOG
KURO OFFICIAL BLOG

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着