取材:榑林史章

感度良好! 最大振り幅でぶっ飛ばした
新作!

まずどんなところから制作に入ったんですか?

アッコ
去年対バンツアーでいろんなバンドの方とセッションをやらせてもらって、それがすごい楽しくて良いエネルギーをたくさんもらったんですね。今までに感じたことのないような楽しさがあって。その感じをアルバムに詰め込みたいという意気込みで、いざ制作に入ったんですけど、今までのやり方…ユウちゃんが曲を書いて私が詞を書いて、何も打ち合わせずに音を合わせていくやり方にすごく違和感を感じてしまって。しっくり来なくて、まずそこから話をしていったんです。
ユウ
それで出た結論は、一曲一曲のコンセプトとか方向性をみんなで一致させた上で曲を詰めていこうっていう。例えば、“この曲はツインヴォーカルを目立たせるアレンジにしよう”とか“ターキーが歌う曲にしよう”だとか。こういう曲を作ろうっていうコンセプトをまず決めて、すでにできている曲があったら“じゃあ、この曲をそれにしよう”とか。とにかく常にみんなで意見をすり合わせていった。
ターキー
実際にやってみて正しいなって思いましたよね。ユウちゃんの曲に対して、今までも自分なりのイメージを持ってやっていたんだけど、いつもより焦点が合ったっていう感じで。自分の意見を強く言えたのが大きかった。
ユウ
結果として確実に幅が広がったと思いますよ。私が思い付かないようなアイデアがふたりから出てきたし。もっと単純に言うと、ワイワイしながらすごい楽しくできた。
アッコ
それとレコーディング合宿の前に、バーベキュー大会をやったんですよ。私たちってこう見えてマジメなんで、“ミーティング”って言うとすごいかしこまっちゃう。でも、音楽って基本的に遊びの延長のものだと思ってるから、そういう遊びの中でアイデアを出していくのがいいんじゃないかって。それでバーベキュー大会をやったんです。

バーべキュー効果があったってことですね。で、曲についてですが、1曲目「地球最後の日」はスケールがデカい!

ユウ
まさかこんなにスケールのデカい詞になるとは思わなかったですね。ラブソングなんだけど、こういう切り口っていうのは想像もしてなかったな。
アッコ
死んだら何も残らないでしょ。バンドだってすごく楽しいし、ずっとやりたいけど死んだら残らない。削ぎ落として削ぎ落として“一番大事なものは何だろう?”って考えて。それでできた詞なんです。

かと思えば「on the まゆ毛~切りすぎて~」って曲もあったり。

ターキー
「飾りじゃないのよ涙は」(カバーアルバム『虎の穴2』収録)の間奏でツインペダルを買って使ったんです。それでアッコから“買ったんだからもっと使おうよ”ってことで。
ユウ
ツインペダルってメタルとかハードコアっていうイメージがあって。気付いたらどんどんそういう方向に寄っていって、メタルで定番のRectiferっていうアンプとか今まで見たこともないような機材を借りて来たり。
ターキー
ドラムも往年のメタルのパターンを叩いたり。
アッコ
すごいこだわって遊びまくった曲ですね。

そんなハードな曲なのに歌詞が“まゆ毛”っていう(笑)。

ユウ
歌詞でバランスを取ってるんですよ(笑)。

バラード「満天の星、春の庭」は、作曲がユウさんとアッコさんの共作で、曲調も今までにないふわふわした感じでした。

アッコ
曲を合わせている時にメロディーも思い付いて、その流れでできたものをユウちゃんに渡して続きを作ってもらったんです。景色が思い浮かぶような感じが良いなってイメージがあって。サビの響きとか独特ですごく好きですね。
ターキー
今までにないタッチ感みたいなものが難しかったんですけど、うまく表現できたと思う。今までと違ったGO!GO!を見せられる曲になったって思います。

「雨の日だけの恋」は、「地中海」以来となるターキーさんの作曲で、NHK『みんなのうた』に流れて良さそうな曲ですよね。

ターキー
これは合宿の時に“物語にしよう”ってテーマで、雨とかカエルが出てくる設定を話し合っていて。こういうモータウン調の曲はあまりやったことがなかったし。メロディーは、合宿の時に早起きして3~4日かけて作ったものを、ドラムを叩きながら歌って、ふたりに聴かせて。
ユウ
ターキーが作った時点で、貴重だし、新鮮だし、自分なら絶対に作らない曲調だったからすごい楽しめました。

アルバムタイトルの“アンテナ”というのは?

アッコ
「アンテナ」って曲があって。アルバムのキーポイントになりそうな曲だなって3人が一致して思ってたみたいで。
ターキー
俺らが送信する側でお客さんが受信する側。

鈍感でいると、悲しいこともうれしいことも感じなくなる。感受性豊かに感度良くいこうってメッセージですね。

アッコ
でも、それってすごい面倒くさいことなんです。感情の振り幅が大きいってことは、うれしいことはすごいうれしいけど、悲しいこともすごい悲しく感じる。人間ってやっぱり悲しいことは避けたいから、つい振り幅を狭くして防御してしまうけど、それは違うんじゃないかなっていう。

いつもと違うやり方で、でも実にGO!GO!7188らしく、振り幅広い喜怒哀楽の激しいアルバムになりましたね。

アッコ
すごい楽しかったしテンションの高いアルバムになった。私たちがやってることは間違ってないなって。
ユウ
タイトなスケジュールの中でのレコーディングだったんだけど、一曲一曲を確実にみんなで作り上げて行ったという感覚が強い。達成感がすごいあります。
ターキー
今回は最初の段階からたくさんいろんな意見を言わせてもらって。音のタッチとか表現みたいなところでちゃんとできたんで、満足感でいっぱいです!!
GO!GO!7188 プロフィール

中島優美(g&vo)、浜田亜紀子(b&vo)、ターキー(dr)から成るGO!GO!7188(ごーごーなないちはちはち)。もっとも原始的な3ピースという編成で、サーフ・ロック風のギター・リフとGS〜歌謡曲を通過したようなメロディを装填した、パンク・マシンガンをブッ放す。ストレートでありながらシュール、シュールでありながら懐かしい歌詞も、オール世代のハートを焦がしてやまない。00年6月、シングル「太陽」でデビュー。以降ハイペースに作品を輩出し続けている。威風堂々とした重量感、パンキッシュな威勢のよさ、艶っぽいメロディ、実に今時なあっけらかんとした歌いっぷり——古今東西のロックのシビレ要素が縦横無尽にミックスされているGO!GO!節は、益々もって快調だ。GO!GO!7188 Official Website
オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。