取材:榑林史章

不確かな中で確かに感じたネクストステ
ージ!

「ふたしかたしか」は詞といい、曲といいグッときました。不安を抱えながらも前へと進んでいく力強さを感じますね。

ユウ
まず曲が先にできたんですよ。バラードっぽい曲を作ろうと思っていて。それで曲作り合宿をやった時に、みんなでどんどんアレンジして固めていって。合宿はアルバムに向けてのもので、その中の一曲としてできたんです。

アレンジができた時、これはシングルで出そうみたいな手応えを感じました?

ユウ
いや、最後の最後までシングルはみんなで悩んでいて。合宿でどれをシングルにしてもいいっていうくらい良い曲がいっぱいできたんで。でも、この曲はスタッフからもすごく評判が良かったし。
アッコ
私個人としては、シングルはバラードでいくつもりでは考えてなくて。でも良い曲ができたから、自然とコレだよねって流れだったし。
ターキー
ミディアムバラードで、リズムも今までのウチらにはない感じで、サビで聴かせられるような、すごい良い曲だからシングルには向いてるって思いましたよね。

歌詞はどういうイメージで? バンドとして何かしらの不安や壁みたいなものを感じていて、それが詞に表れたのかと思ったんですけど。

アッコ
今年は対バン企画をやって、自分の中で手応えをガッツリ感じてたんです。で、その流れで楽曲制作に入ったんですけど…“自分の中で対バンで蓄えた良いエネルギーをいっぱい持ってアルバム作るぞー!”って意気込みで入ったんだけど、でも最初は何かがしっくりいかなくて。そんな時に書いた詞なんですよ。“確かに手応えを感じていたはずなのに、あれは何だったんだろう?”と思うような出来事がその後に起きたり。漠然とだけど、“確かだと思ったけど意外とそうでもないんだな”って思うことがあったりだとかして…。

“手応えを感じていたはずなのに、何でうまく曲ができないんだ!?”みたいなことがあった?

アッコ
最初の頃はそんな感じがありましたよね。今までのやり方でやり始めたんだけど、何だかしっくりこなくて。

その感じはユウさん、ターキーさんも感じていた?

ユウ
私はそういうわけでもなかったんだけど。
ターキー
雰囲気としては、そんな明るい感じではなかったかな。少し煮詰まってるような、どんよりでもないけど、まあそんな感じだったかな。

今までのやり方ではダメだった?

アッコ
今までのやり方を否定してるんじゃなくて、それだけじゃない何かがもう自分の中に生まれてるんだなって。で、“それは何なんだろう?”ってずっと考えていたんですよ。それで思い付くことを手当たり次第やってみて、結果すごく良い曲ができたんですけど。

次のステップに上がったということなのでは?

アッコ
ああ、そうなのかもしれない。
ユウ
そうだと思います。新しい扉を開いた感じですね。

歌詞を最初に読んだ時の印象は?

ユウ
すごい分かるっていうか、誰しもが感じるようなことだなって思った。日常的に誰しもが何となく感じている不安だとか、確信できることが何もないことだとか。すごいいろんなことがいっぱい起きていて、みんなあやふやな感じになっている気がして、何かそういう世の中だなって。そういう感じで共感できたっていうか。それをただ暗い感じで歌ってるわけでもないし。

明るい光りにしっかり向かってる。合宿で最初の頃はしっくり来なかったとしても、結果としてどんどん良い感じになったんじゃないですか? だからこそできた曲だと思う。

アッコ
そうですね。何かすごい思い悩んだってわけじゃなかったですし。不確かな感じを、今の自分はすごい楽しめてる感じがするんですよね。

不確かなことを楽しめるなんて、強いですよね。

アッコ
でも、いつ何が起きるか分からない世の中ですから。例えば楽しくライヴが終わって、その帰りにいきなり刺されるかもしれないし…極端だけど。要は、だからと言って不安がってるよりも、楽しんじゃった方が良いってこと。

なるほど。ちなみにターキーさんは、これは不確かだなと思うことは何かありますか?

ターキー
ないです。基本的に前向きで考え込まないタイプの人間なので。考えたとしても寝たら忘れるみたいな。考えててもしょうがないっていう。

逆にこれだけは確かで信じられるものってありますか?

ターキー
それはやっぱりドラムかな。叩けば必ず応えてくれる、俺の相方ですからね。
ユウ
私は何だろう? ギター…ではないな。やっぱり家族とかかな。今の世の中、心底何かを信じるってすごい怖いことだと思っていて。でも、家族だけはやっぱり別格だなって。本当は何でも信じいたいんだけど、今の世の中そうじゃいけないのかなって思うことがたくさんあるし。
アッコ
私はそうだな…でも、信じてるって言ったらみんな信じてますよ。メンバーも信じてるし、スタッフも家族も信じてる。そういう信頼がないとやっていけないですもん。

ファンは?

アッコ
感謝してるし、私たちの作品やライヴに一度でも触れてくれたならとことん楽しんでほしいと思ってます。何よりも私たち自身がも楽しんでやってるわけだし。
GO!GO!7188 プロフィール

中島優美(g&vo)、浜田亜紀子(b&vo)、ターキー(dr)から成るGO!GO!7188(ごーごーなないちはちはち)。もっとも原始的な3ピースという編成で、サーフ・ロック風のギター・リフとGS〜歌謡曲を通過したようなメロディを装填した、パンク・マシンガンをブッ放す。ストレートでありながらシュール、シュールでありながら懐かしい歌詞も、オール世代のハートを焦がしてやまない。00年6月、シングル「太陽」でデビュー。以降ハイペースに作品を輩出し続けている。威風堂々とした重量感、パンキッシュな威勢のよさ、艶っぽいメロディ、実に今時なあっけらかんとした歌いっぷり——古今東西のロックのシビレ要素が縦横無尽にミックスされているGO!GO!節は、益々もって快調だ。GO!GO!7188 Official Website
オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。