L→R maya(Vo)、Aiji(Gu)

L→R maya(Vo)、Aiji(Gu)

【LM.C】1stと2ndを同時に出す人って
あまりいないと思う

デビューから2年、初のフルアルバムが完成した。しかも、内容の異なる2タイトルが全世界同時リリースされるという。
取材:土屋京輔

以前にAijiくんは“LM.Cは、いわゆるアルバムアーティストじゃない気がする”と話してましたよね。

Aiji
改めてそう思っちゃいますね。ミニでもフルでも、結局、求めちゃう幕の内弁当感は変わらないし。特に大きなコンセプトを掲げて物作りをしているわけではないですしね。
maya
当初、考えていたよりはフラットな気持ちだけど、今回のアルバム制作も、いろんな国でリリースされるタイミングなどもあって、ここに至ってる感じなんですよ。それに1stと2ndを2枚同時に出す人ってあまりいないと思うんですけど、今回はそういう面白さもいいなと。

2枚同時発売が決まった理由もあるんですよね?

Aiji
去年出したミニアルバム『GLITTER LOUD BOX』の海外盤にはボーナストラックという名でシングル曲が収録されてたんですよ。ただ、それが曲順も含めて、ちょっと僕らのイメージとは違っていて、だったら今回の『GIMMICAL☆IMPACT!!』のリリースと併せて、もう一度、パッケージし直した方がいいかなと。『SUPER GLITTER LOUD BOX』は歌を全て歌い直して、ミックスもやり直してるんですよ。

「La Dee Da」なる新曲も追加収録されますね。

maya
実は『GLITTER LOUD BOX』の頃にもライヴでやってた曲なんですけど、音源化はされてなかったんで、同じ括りとして、ここに入るのがいいんじゃないかなと。
Aiji
確かライヴで跳ねた感じになればいいなと思って作ってたんですけど、改めて向き合ってみました。雰囲気は当時のままだけど、新しく生まれ変わった感覚ではありますね。

2ndアルバムに当たる『GIMMICAL☆IMPACT!!』は新曲ばかり。オープニングのSEは、『SUPER GLITTER LOUD BOX』の冒頭にある「No.9」を彷彿させますよね。

Aiji
インストって自由度が高すぎるじゃないですか。そこで「No.9」とリズムとテンポ、キャラクターを同じにするという縛りを設けて、新しい世界を見せようと。自分の中のゴシック感とLM.Cの世界観をミックスしたような…このタイミングでの見せたい感じが盛り込まれている気がしますね。

多くの新曲に集中的に取り組んだことで、LM.Cの次なる可能性などが見えてきた場面もあったのでは?

Aiji
mayaの歌で言えば、曲のキャラクターみたいなものを表現しようとしているのが分かるし、それによって自分の曲にも別の人格が生まれてくるんですよ。歌入れが終わったものを聴いて、当初は考えていなかった絵が思い浮かんだり。そこは進歩や可能性だったりするんじゃないかな。
maya
歌詞もこれだけ集中的に仕上げたのは初めてだったんで、そこでは自分なりに新しい領域に行きたいなとは思ってましたね。出来上がったものを聴いて、自分が何を歌いたかったのか気付くぐらいの次元っていうかな。曲を脳内ではなく、瞬発的に理解する…そんな感覚が欲しいんですね。

リリース後には日本に始まり、南米、欧州、台湾を転戦するワールドツアーが来年2月まで続きますよね。

Aiji
想像以上ですけどね。でも、いい傾向だと思うんですよ。ツアーもしっかりやり、さらに納得のいく音源制作をと考えると、1年に1枚といった日本のシステムではなく、世界的なショウビジネスの規模・時間軸で活動していかないと無理だと思うし。いろんなところから呼んでいただけるのは、ホントにありがたいなぁと思いますね。
『SUPER GLITTER LOUD BOX』2008年11月05日発売PONY CANYON
    • PCCA-02776  2940円
『GIMMICAL☆IMPACT!!』2008年11月05日発売PONY CANYON
    • 初回限定盤(DVD付)
    • PCCA-02777 3990円
    • 通常盤
    • PCCA-02778 3045円
LM.C プロフィール

エルエムシー:2006年10月に1stシングル「Trailers【Gold】」「Trailers【Silver】」でデビューした、Aijiとmayaのふたりからなるロックユニット。ビジュアル系バンドが出自である彼らだが、その音楽性はビジュアル系ロックパブリックイメージから解き放たれた、あくまでもポップで自由なもの。へヴィなギターリフやラップ、EDMなど、ビジュアル系という枠にとらわれないさまざまな音楽要素が混在した音楽性が彼らの持ち味である。LM.C オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着