【CherryHearts】『CherryHearts デ
ビュー記念ONE-MAN LIVE 「Snow Let
ter」』 2015年12月6日 at 表参道GR
OUND

撮影:根本尚史/取材:石田博嗣

 “1曲目から飛ばしていこうぜー!”と笹宮千穂(Vo)が煽り、たたみかけるようにポップでキャッチーなナンバーを投下。ステージ前でモッシュが発生するほど、序盤にしてフロアーのテンションは高い。デビュー記念ワンマンということで、ここからスタートダッシュをかけるように、元気いっぱいに会場を盛り上げるメンバー。勢い余って笹宮のツケマが取れるトラブルもご愛嬌だ。そして、すでに会場限定シングルを10枚発表していることもあり、ライヴ仕様のキラーチューンが次々と披露されていく。歌謡曲やニューミュージック、90's J-POPを現在のポップスとして昇華し、ロックにキュートに鳴らしていたのが印象深く、それが彼女たちの武器であることも実感。来年の春にアルバムをリリースするという発表もあり、デビューを機に加速度を上げてきたバンドの勢いを目の当たりにした。

セットリスト

  1. Life goes ON!!
  2. My Way
  3. Good-Bye
  4. ねがいごと
  5. Happy Logic
  6. 黎明カラーパレット
  7. Hello
  8. Make a LIVE
  9. スノーレター
  10. ai
  11. Dyde in blue
  12. Tears of love
  13. 青春レジスタンス
  14. You & I
  15. Sweet Voice Call
  16. Beautiful Days
  17. Hi-Jump!!
  18. <ENCORE>
  19. スノーレター
  20. I'll be lovers
CherryHearts プロフィール

チェリーハーツ:2013年3月に笹宮、早川を中心に、椎名を迎え東京で結成。15年6月に日向が加入して現体制となる。すでに自主制作でライヴ会場限定シングルを10枚発表し、満を持して12月にシングル「スノーレター」でデビューを果たす。ちなみに全員が高身長で平均身長は166センチ!CherryHearts オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着