【ジラフポット】『Get Myself Back
Tour 2015-16』2015年12月5日 at 新
代田FEVER

撮影:橋本 塁(SOUND SHOOTER)/取材:高良美咲

 2015年3月の東京でのワンマン直後の交通事故、活動休止…そこからミニアルバム『Breathe and breathe again』のリリースを経て、彼らが見せてくれたのは、ただの復活ではなく、“視界が開けた”と感じさせるライヴだった。ミニアルバムの1曲目「Beautiful Nonsense」で鮮烈な口火を切ると、新旧織り交ぜた楽曲たちで緩急の激しい展開を繰り広げる。東京でのセットリストに必ず入れたかったという「Can I sleep now now now?」をじっくりと聴かせると、ワンマン公演限定で来場者に配布された「ニュージャイロ」では、会場を熱狂の渦に巻き込む。喜怒哀楽という枠では収まり切らない、衝動、苛立ち、そして希望を歌う彼らの人間臭さを分かち合った2時間。本公演にて東名阪を回ったワンマンシリーズが終了したが、ツアーは来年2月末まで続く。ぜひ、彼らの今この瞬間を見届けてほしい。

セットリスト

  1. Beautiful Nonsense
  2. Stone cold
  3. 嘔吐
  4. オレンジテレフォン
  5. Black designer
  6. The Creator's Creator
  7. Can I sleep now now now?
  8. 環水平アーク
  9. 超深海魚
  10. Dear Heaven
  11. sky walk
  12. ウルトラカラフル
  13. ニュージャイロ
  14. HECTOR-G
  15. I am A
  16. ブライターロックは風に乗って
  17. I don't know don't I
  18. nocebo effect
  19. <ENCORE>
  20. 明日のない花はない
ジラフポット プロフィール

ジラフポット:2009年に大阪で中野、原田を中心に結成。11年に関が加入し現在の編成になる。キャッチーなメロディーと変幻自在で先が読めない展開、感情を爆発させたようなエモーショナルなサウンド、そして卓越したライヴパフォーマンスで圧倒的な存在感を示す。ジラフポット オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着