【SuG、A9、INKT】『SuGフェス 2015
』2015年11月13日 at 新宿ReNY

撮影:近澤幸司/取材:山本弘子

 恒例になりつつあるSuG主催の異種格闘技的イベント『SuGフェス 2015』が11月13日に新宿ReNYで開催された。今回、出演したのはA9INKT、そしてSuGの3バンド。もちろん、チケットはソールドアウトとなった。

 先陣を切ったのはA9だ。ハンドクラップの中、最新START-UP EP『銀河ノヲト』のイメージの白い衣装で登場した5人は前半からキラーチューン「RAINBOWS」などアグレッシブなナンバーを立て続けに投下。“ReNY初めてなんですけど、揺れててやばいですね。っていうことは今日のみんながスイッチ入っちゃってるんだと思うんですが、間違いないですか?”と将(Vo)が煽り、SuGとはリスペクトし合える関係だと感謝の気持ちを伝えたあとに復活のナンバー「Phoenix」を披露。ヘヴィでエッジーでツインギターの絡みも聴きどころ満載のサウンドを響かせ、フロントマンに相応しい輝きを放つ将のヴォーカルがフロアーを揺らせる。スケール感たっぷりのラストナンバー「the beautiful name」では会場にシンガロングが響きわたった。

 続いて歓声の中、登場したのは2014年に活動を開始、ライヴやフェスに出演し、力を付けてきたINKTだ。背を向けて立ったKOKI(Vo)は“最後まで盛り上がっていくぜ!”と雄叫びをあげ、幕開けは最新ミニアルバム『サイサリス』収録曲の「Wanderlust」。全力のヴォーカルとストロングで熱いサウンドが徐々に場内の熱気を上昇させていった。“いろんなジャンルのファンがいるだろうけど関係ねーから。人それぞれ自分のノリ方で楽しんでくれれば嬉しいです! A9のギター、カッケーな”と、彼らのパフォーマンスに触発されたのかA9定番の“Aジャンプ”をステージに取り入れたり、コール&レスポンスで盛り上げたりと初めて見るオーディエンスも巻き込むライヴを繰り広げた。SuGの武瑠(Vo)に初めて会ってオシャレだと思い、そのあと自分も同じハットを手に入れようとしたというエピソードも披露して沸かせながらも、A9とSuGをつなぐテンションマックスの男気のあるステージで駆け抜けた。
 
 そして、トリを務めたのは主催者のSuG。最新の衣装で登場し、オープニング「MISSING」からオーディエンスがジャンプするアッパーチューン「HELLYEAH」へと。照明も含め、ライヴハウスがクラブ空間へと変わってしまうような華やかなステージングはいかにもSuGらしい。武瑠はソールドアウトはA9とINKTのおかげだと感謝の言葉を述べ、“SuGを久しぶりに観る人もいると思うけれど、どんな思いで活動を休止し、復活したのか、今のSuGの全てが詰まっている曲です”とシングル「teenAge dream」を披露。武瑠が“楽しすぎて1曲目で右手の人差し指を突き指した”と言うとChiyu(Ba)が“昔、マイクをぶつけて歯が欠けたこともあったような”と初期SuGの懐かしいエピソードを明かして笑わせる場面もーー。“今ある状況に満足せずに踏み出したのが(3バンドの)共通点だと思います!”と宣言し、後半戦ではヒット曲「☆ギミギミ☆」や「LOVE SCREAM PARTY」で“めったにこの曲やんねーぞ!! そんなもんか!?”と盛り上げる。メンバーが入り乱れてのやんちゃなパフォーマンス、ロックでファンクで踊れてアガる楽曲はSuGそのものがジャンルレスなバンドだということを物語っていた。
 
 アンコールでは“ジャンルや垣根を超えて、こういうフェスができたことが本当に嬉しい”と成功を喜び、“この場で初披露するか迷ってます”とみんなを翻弄しながらも、12月16日にリリースされるシングル「SICK’S」を演奏。続いて、A9のヒロト(Gu)、INKTのKOKIがステージに呼び込まれてのスペシャルセッション! 武瑠が“騒ぎ続ける曲です!”と叫び、Dragon Ashの代表曲のひとつ「FANTASISTA」が鳴らされ、レアな景色にみんな大合唱。最高にハッピーなテンションの中、『SuGフェス 2015』は幕を閉じた。

セットリスト

  1. 【A9】
  2. SE. Cradle to Alpha
  3. 1. SHINING
  4. 2. RAINBOWS
  5. 3 .開戦前夜
  6. 4 .Phoenix
  7. 5. Heart of Gold
  8. 6. すべてへ
  9. 7. the beautiful name
  10. 【INKT】
  11. 1. Wanderlust
  12. 2. 45'
  13. 3. FTW
  14. 4. Shangri-La
  15. 5. The Gift
  16. 6. Trigger
  17. 7. サイサリス
  18. 【SuG】
  19. SE. street g♥thic
  20. 1. MISSING
  21. 2. HELLYEAH
  22. 3. teenAge dream
  23. 4. FRIDAY!!
  24. 5. 不完全Beautyfool Days
  25. 6. ☆ギミギミ☆
  26. 7. LOVE SCREAM PARTY
  27. 8. CRY OUT
  28. <ENCORE>
  29. 9. SICK'S
  30. 10. FANTASISTA
A9 プロフィール

エーナイン:2004年4月始動。同年9月にバンド名を“アリス九號.”に改め、本格的な活動をスタートさせる。デビュー当初の和情緒にこだわったサウンドから、よりロック的な壮大さを持つものへと進化を遂げ、結成5周年という区切りのタイミングでバンド名の表記を“Alice Nine”に統一。11年に日本武道館での単独公演を成功させ、14年にはバンド初となるアジアツアーを敢行。14年8月、10年間専属契約していた所属事務所のPS COMPANYから離脱することを正式発表した。15年3月に“A9”として活動を再開。『11th Anniversary Live「Re:birth-飛翔-」』を8月23日に豊洲PITにて開催、同日よりライヴ会場限定EP『銀河ノヲト』をリリースする。A9オフィシャルHP

INKT プロフィール

インク:2014年10月1日始動。同年11月にデビューアルバム『INKT』、15年4月に2ndミニアルバム『サイサリス』をリリース。同年12月から16年1月に渡って開催した『Re:birth of INKT TOUR2015-2016』をもって、キーボードのkissyが脱退。重厚かつエッジのあるバンドサウンドに、キャッチーなメロディーとエモーショナルなラップで構成された曲が特徴の新世代ロックバンド。業界内外から高い演奏力とパフォーマンスを評価され、今後の活躍が期待されている。INKT オフィシャルHP

SuG プロフィール

サグ:2010年にシングル「gr8 story」でメジャーデビューし、スマッシュヒットシングルを何枚も送り込む。ライヴにおいても、BABYMETALや東京女子流らアイドル勢から、神聖かまってちゃんやミオヤマザキらバンド勢、さらには怪談家の稲川淳二に至るまで異色過ぎるメンツと競演。また、海外でも精力的に活動を展開しており、15年末にヨーロッパツアー、16年1月にはタイ・バンコクでの『JAPAN EXPO THAILAND』への出演、夏にはメキシコや中国など5カ国を巡る海外ツアーを行なうなど、その勢いは止まることを知らない。SuG オフィシャルHP
SuG オフィシャルTwitter
SuG オフィシャルFacebook
SuG オフィシャルYouTube
SuG オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。