【藍井エイル】『Eir Aoi SPECIAL L
IVE 2015 WORLD OF BLUE at 日本武道
館』2015年11月2日 at 日本武道館

取材:吉田加奈

 デビュー時から“ワンマンで日本武道館に立ちたい”、そう切に願ってきた彼女が、最初にファンの前に見せたのは、最高に輝いている笑顔だった。そして、始まった記念すべき1曲目は「アヴァロン・ブルー」。いきなりのテンションの上がりっぷりにフロアーも大興奮。「AURORA」ではステージを目いっぱいに走り回り、来てくれた人全てを巻き込もうとする歌声とパフォーマンスに圧倒され、「GENESIS」では武道館全体をレーザービームが支配したかのように放出され、異空間が演出された。この最初の勢いだけで、胸がいっぱいになってしまうのは、きっとここにいた誰もが同じ想いだろう。しかし、彼女の魅力はこれらの代表曲だけではない。それをしっかりと見せつけたのが、心の奥底に眠る闇を、美しさに昇華させた「クロイウタ」を切々と歌い上げ、肌の温度を感じる「虹の音」をひざまずきながら歌ったブロックだろう。

 さらにはアコースティックで、昔から大好きだったというバンド、Aoの安田貴広(Vo&Gu)を招いての「A New Day」、生のストリングスと贅沢に歌い上げた「Roses」など、武道館でしか聴けないスペシャルステージを体感させてくれた。

 アンコールでは、バンドメンバーに“エイルは4年前、4年後に武道館に立ちます!と言ってたよね”と言われ、有言実行したことに対して拍手をされると思わず涙を流してしまう一面も。でも、すぐに涙を拭うと、気丈に振る舞い、“この気持ち、届けー!”と叫び、「ツナガルオモイ」を熱唱。これからの未来をさらに楽しみにさせてくれるような最高のライヴだった。

セットリスト

  1. SE
  2. アヴァロン・ブルー
  3. シンシアの光
  4. AURORA
  5. GENESIS
  6. KASUMI
  7. Back To Zero
  8. クロイウタ
  9. A New Day
  10. Roses
  11. 虹の音
  12. コバルト・スカイ
  13. サンビカ
  14. ゆらり
  15. 青の世界
  16. シューゲイザー
  17. INNOCENCE
  18. Bright Future
  19. シリウス
  20. IGNITE
  21. ラピスラズリ
  22. <ENCORE>
  23. MEMORIA orchestra ver.
  24. HaNaZaKaRi
  25. ツナガルオモイ
藍井エイル プロフィール

アオイエイル:2011年10月、シングル「MEMORIA」でメジャーデビュー。自身のFACEBOOKページには世界中から50万以上のいいね!が寄せられるなど海外からの支持も大きい。シングル13枚、オリジナル・アルバム3枚を経て、2016年10月にベスト・アルバム『BEST -E-』『BEST -A-』を同時リリース。2016年11月4日(金)・5日(土)に行われた日本武道館公演をもって活動休止。休養を経て、今春より活動再開。藍井エイル オフィシャルHP(アーティスト)
藍井エイル オフィシャルHP(レーベル)
ブログ
Twitter
藍井エイル スタッフTwitter
Facebook
YouTube
Instagram
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着