【MY FIRST STORY】『WE ARE NOT AL
ONE TOUR2015』2015年9月26日 at Ze
pp Tokyo

撮影:Kohei Suzuki/取材:桂泉晴名

 シングル「ALONE」の発売を記念して行なわれたツアーの最終公演。紗幕にメンバー5人のシルエットが映し出され、“史上最強の景色観せてやるよ!”とHiro(Vo)が叫ぶと幕が落ち、「ALONE」からスタート。ビリビリと体を貫く音が迫ってきて、それに応えるように“We are not alone”とオーディエンスから力いっぱいのコールが起こる。冒頭からメンバーは激しくステージを動き回り、1stシングル「最終回STORY」や「Awake」などハードな曲を畳み掛けていく。一方、ライヴ中盤ではHiroとSho(Gu)、Teru(Gu)の3人が、歌では伝え切れない想いを綴ったラブソング「Still」などをアコースティック編成でじっくり楽曲を聴かせた。透明感の中に少しスモーキーさも混ざったHiroのヴォーカルは、聴き手をグッと曲の中に取り込んでいく。そして、後半のMCでは、Zepp Tokyoの思い出を語る。MY FIRST STORYを組むきっかけになったバンドのライヴをここで観たこと、対バンを願っていたこと、でも、叶えられなくなってしまったこと。Hiroは目の前にいるオーディエンスを見つめた後、天に語りかける。“ここが、あんたから観た景色かよ。まだまだ当分、追い付けそうにないわ。でも、あなたに少しでも届くように歌うからさ”と思いを込めて「Someday」を歌い上げた。そして、自らの弱さに立ち向かう曲「不可逆リプレイス」の最後で“いつか必ず一緒に行こうよ。武道館にさ”と告げると、フロアーから大歓声が起こった。“最初からやり直そうぜ!”。ラストはもう一度「ALONE」。トップスピードで走り始めた5人を見て、彼らがこれから目にする景色をともに観たい、と願わずにはいられなかった。

セットリスト

  1. ALONE
  2. The Story Is My Life
  3. 最終回STORY
  4. FAKE
  5. Awake
  6. Zero Gravity
  7. Black Rail
  8. Still
  9. 21 Miles
  10. We Are Never Ever Getting Back Together
  11. 「花」-0714-
  12. monologue
  13. 虚言NEUROSE
  14. 失踪FLAME
  15. モノクロエフェクター
  16. Someday
  17. Calling you
  18. Second Limit
  19. 不可逆リプレイス
  20. <ENCORE>
  21. Take it Back!!
  22. ALONE

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着