【LUNKHEAD】『LUNKHEAD ワンマンTO
UR 2015 FINAL 野音でYeah!!!! ~日
比谷野外大音楽堂~』2015年9月22日
at 日比谷野外大音楽堂

撮影:YURI/取材:石田博嗣

 自分らしく生きていくために繰り返す自問自答の中で導き出した言葉。それは十人十色の日常であっても、必死に生きている者の心の一番奥のやわらかいところに響く。だからこそファンとの距離が近いというか、まさにLUNKHEADはみんなの“家”なのだろう。アルバム『家』のリリースツアー最終公演であり、結成16年にして初めて立った日比谷野音。それはバンドとファンとが一緒になって、この場所に辿り着いたとも言え、家族的な深いつながりを実感するライヴが繰り広げられた。「スターマイン」で客席いっぱいにサイリウムの花火が咲き、「アルピニスタ」でシンガロングが起こり、「幻灯」では観客それぞれが携帯電話のライトを灯して幻想的な空間を作り上げたライヴ。オーラス「カナリアボックス」の《あなたに会えてよかった》というフレーズが、やけに温かく響いてきた。

セットリスト

  1. 夏の匂い
  2. シンフォニア
  3. 前進/僕/戦場へ
  4. 僕たちには時間がない
  5. シューゲイザー
  6. 体温
  7. 闇を暴け
  8. ENTRANCE
  9. 神様なんていない
  10. 誰か教えて
  11. 星の欠片
  12. 月の城
  13. うちにかえろう
  14. スターマイン
  15. シンドローム
  16. アルピニスタ
  17. 玄関
  18. <ENCORE1>
  19. 幻灯
  20. スモールワールド
  21. <ENCORE2>
  22. カナリアボックス
LUNKHEAD プロフィール

ランクヘッド:1999年に愛媛県で結成され、04年1月にシングル「白い声」でメジャーデビュー。10年4月にオリジナルメンバーの石川 龍(Dr)が脱退するも、桜井雄一(ex.ART SCHOOL)を迎えての新体制となる。結成20周年となる19年には、4月に12枚目のアルバムとなる『plusequal』を発表。LUNKHEAD オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着