【NICO Touches the Walls】『NICO
Touches the Walls TOUR 2015 まっす
ぐなツアー』2015年7月19日 at 東京
国際フォーラム ホールA

撮影:Atsushi Kimura/取材:田山雄士

 5月から約2年振りの全国ツアーを回ってきたNICO Touches the Walls。この2年間は計20公演に及ぶ籠城型ライヴを行なったり、初のベスト&アコースティックアルバムをリリースしたりと、新たな試みをしながら非常にいい雰囲気で活動していたので、今回のツアーでまた彼らはターニングポイントを迎えることになるんじゃないか…そんなワクワクを抱かずにはいられない、ファイナルの東京国際フォーラムだった。

 1曲目は、初期のナンバー「雨のブルース」。光村龍哉(Vo&Gu)がアコギを爪弾いて艶っぽい声を聴かせ、途中からバンドアレンジになるうち、ビタースウィートな味わいのアレンジが、ホールにしっとりと染み渡っていく。この時点でもう、落ち着いた堂々たる演奏が頼もしくて仕方ない。余裕があって、歌も聴き取りやすい。「TOKYO Dreamer」が始まれば、坂倉心悟(Ba)と対馬祥太郎(Dr)の繰り出すビートに高揚させられ、「ローハイド」での“行こうぜ、東京ーーーッ!”という光村の叫びで照明は一気に明るくオン! 古村大介(Gu)もステージ前方へ身を乗り出し、鮮やかにソロを弾きまくる。笑顔がこぼれる4人の表情は、今の充実ぶりを物語っていた。

 坂倉のベースがリードする「いいこになっちゃいけないの」では、妖しげな青白いライティングの下、光村がオネエ言葉で前振りを入れ、オルガン調のギターソロもノリノリでキメる。さらに、“ツアーのために、久しぶりに引っぱり出してきた曲”という光村の紹介から「かけら-総べての想いたちへ-」「エトランジェ」「君だけ」を披露。このあたりでライヴに緩急が生まれ、ホールならではの響きもうまく活かしていたように思う。

 “歌っててめちゃくちゃ気持ち良いです! 東京国際フォーラムは初めてやるんですけど、こんなに音きれいだと思わなかった”と光村が嬉しそうに語る。なんでもここに初めて来たのは、6年前にメンバー全員でトラヴィスを観た(ほぼ最前列!)時なのだという。そうしたエピソードも交えながら、“やっと自分たちの音楽が届けられる自信がついて、充実してます。実は20代最後(当日の時点で光村と坂倉は29歳、古村と対馬は30歳)のツアーなんですよ(笑)。20代をこのバンドに捧げてきたし、集大成みたいにできたらいいねなんて言ってたんですけどね。でもね、アコースティックアルバムを作ったあたりから、100パーセント理解してると思ってた曲も、案外そうではないんだなと。磨けばもっと光るんだってことをここに来て気付いてしまったんで、集大成どころじゃなくて、今までの曲を全部ひっくり返したい感じです。進化せねばならない、そんな思いで30代を迎えようとしてます”と熱い心情を吐露してもくれた。

 このあと、《間違ってた なんか全部間違ってた》と歌う「まっすぐなうた」が強く胸を打ったのは言うまでもない。タイトル通りの疾走感あふれる直球ロックチューンで、なおかつツアーを象徴する楽曲だけに、さぞかし観客のアクションは大きいのかと思いきやそうではなく、その多くが感慨深い面持ちで、瞬間を噛み締めるように聴いていたのが印象的だった。爆音の中、メンバーもファンも胸がいっぱいだ。しかし、まだまだ攻める。“記念すべき100曲目のリリース曲。俺らの新しいステージです!”と光村が叫んで初披露された新曲「渦と渦」は、「まっすぐなうた」の先を歌ったであろう《まだ負けられない》《まだくたばれない》という詞が耳に残り、NICO転換期の混沌を爆発力に変えたようなパワフルなサウンドも含めて素晴らしかった。

 必殺「天地ガエシ」で本編を締め、アンコールではアコタッチ(アコースティック)にモードチェンジ。「手をたたけ」でのクアトロドラムをはじめ、持ち技を惜しみなく放出しつつ、音楽の喜びを伝え、観客のコーラス、口笛(「口笛吹いて、こんにちは」)もあっさり味方に付ける。ここまでくると、もはや無敵の風格。本当にすごいバンドになってきている。常に試行錯誤を繰り返してきた結果、全ての曲がつながって今の彼らがある。この日は9月に「渦と渦」をシングルリリースすること、来年1月に3度目となる日本武道館公演を開催することも発表され、楽しみがまた増えた。そう言えば、「渦と渦」のカップリングには“僕は30になるけれど”という曲が入るんだとか。30代のNICO、期待しかありません!

セットリスト

  1. 雨のブルース
  2. TOKYO Dreamer
  3. ローハイド
  4. ホログラム
  5. バイシクル
  6. N極とN極
  7. いいこになっちゃいけないの
  8. かけら-総べての想いたちへ-
  9. エトランジェ
  10. 君だけ
  11. Diver
  12. Mr.ECHO
  13. 夏の大三角形
  14. ニワカ雨ニモ負ケズ
  15. まっすぐなうた
  16. 渦と渦
  17. 天地ガエシ
  18. <ENCORE>
  19. 手をたたけ(アコースティック)
  20. THE BUNGY(アコースティック)
  21. 口笛吹いて、こんにちは(アコースティック)
NICO Touches the Walls プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ: 2004年結成。07年11月にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。09年11月には2ndアルバム『オーロラ』を発表。同作リリースツアーの追加公演で、翌年3月にバンド史上初の日本武道館公演を行なう。その後も精力的に活動を続け、14年8月に“リベンジ”を掲げて2度目となる日本武道館でのライヴを敢行し、見事即日完売を果たし大成功を収めた。NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
Ki/oon Music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』