【シシド・カフカ】『Sessin Mini A
lbum「K⁵(Kの累乗)」リリース記念
ライブ「フミコム」』2015年6月17日
at TSUTAYA O-WEST

撮影:河村美貴/取材:榑林史章

 ドラムヴォーカリストのシシド・カフカが、セッション・ミニアルバム『K⁵(Kの累乗)』のリリースを記念したライヴ『フミコム』を、同作発売日の6月17日に東京・TSUTAYA O-WESTで開催した。ドラムのキックを踏み込むことと、アクセルを踏み込むや一歩踏み込むことをかけて、“フミコム”と付けられた同ライヴ。まさしく彼女の活動が、ここから加速し始めたことを感じさせるステージになった。

 1曲目「サバイバル」のイントロが流れると、シシド・カフカがモデルウォークで登場し、ステージセンターにドンと構えたドラムセットの前で一瞬立ち止まり、ポーズを決めてみせる。そして、おもむろにドラムに着くと、カッと目を見開きアツいビートを打ち鳴らした。立て続けに「キケンなふたり」では、獲物を狙うような視線で客席をナメながら歌う。まさに今、彼女の奥底に眠るケモノが目覚めたといった感じ。

 中盤には『K⁵(Kの累乗)』の楽曲を次々と披露。「Don’t be love feat.斉藤和義」では、タイトルを言っただけで歓声があがる。タイトなリズムに、観客もゆっくり身体を揺らしながら一緒に歌う。「くだらない世の中でfeat.常磐道ズ」では、アッパーのビートに観客も拳を振り上げて盛り上がった。また、この日のスペシャルとして「恋のバカンス」のカバーを披露。イントロや間奏には、山口百恵の「イミテーションゴールド」をもじった大胆アレンジで聴かせ、観客を沸かせてみせた。本編の最後には“みんな甲本ヒロトになれる自信はある?”と問いかけ、「バネのうたfeat.甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)」を披露。“ビヨーン”とユーモアたっぷりに歌うところでは、全員で身体を伸ばしてジャンプ! シシド・カフカ史上最多の打数を誇るという曲だけあり、彼女は歯を食いしばるようにしてスネアを連打した。

 また、これまで3ピースで披露していたステージは、今回からキーボードが加わり、より生々しくスケールの大きなステージを見せてくれたことも特筆すべきところ。以前は最初から飛ばしすぎて途中でガス欠なんていうこともあり、後先考えないパワフルさは魅力のひとつだった。この日はペース配分もしっかりしていたようで、冷静と情熱の間といった、また違った表情を見せてくれた。シンバルを弾くたびに、美しく弧を描いて揺れる黒髪が印象的で、巧みに操られるスティックさばきも実にしなやかで、まるでバトントワリングのよう。暴発寸前のギリギリのテンションを保った演奏が、聴く者を飲み込み圧倒した。

 アルバム制作を振り返り“いろんなシシド・カフカを見つけることができた。これからも新しいシシド・カフカの世界をお見せしていきたい”とカフカ。9月5日にZepp Tokyoでのワンマンが決定したことも発表され、彼女の中に眠る、さらなるケモノの目覚めに期待が高まった。

セットリスト

  1. サバイバル
  2. キケンなふたり
  3. ワンダーガール
  4. Hunger×Anger
  5. The outsiders
  6. Don’t be love feat.斉藤和義
  7. エンジン
  8. くだらない世の中で feat.常磐道ズ
  9. 恋のバカンス
  10. 負けないゲーム
  11. 愛する覚悟
  12. バネのうた feat.甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)
  13. <ENCORE>
  14. あの夏、君が見てたモノ feat.YO-KING(真心ブラザーズ)
  15. 焼き肉プリンセス
シシド・カフカ プロフィール

シシド・カフカ:メキシコ出身。ドラムヴォーカルのスタイルで2012年「愛する覚悟」でCDデビュー。13年9月に1stアルバム「カフカナイズ」発売。フジテレビ『新・堂本兄弟』『ファーストクラス』への出演や、『PRETZ』『SONY WALKMAN®』『Levis®』などのテレビCMでも話題に。15年6月にはセッションミニアルバム『K⁵(Kの累乗)』をリリース。各フェスへの出演の他、女優、モデルなど、多方面で活躍中!シシド・カフカ オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」