【GLAY】『20th Anniversary Final
GLAY in TOKYO DOME 2015 Miracle M
usic Hunt Forever』2015年5月30日
at 東京ドーム

撮影:岡田裕介/取材:帆苅竜太郎

 GLAYにとって10年振りの東京ドーム公演であり、20周年記念イヤーの締め括りのコンサートであったわけだが、「誘惑」「SOUL LOVE」の他、「Freeze My Love」や「月に祈る」といった初期ナンバーも披露されたものの、GLAYを代表する楽曲「HOWEVER」は30日のみ、「生きてく強さ」「彼女の“Modern…”」は31日のみの演奏。溝口肇指揮のストリングスグループとのコラボレーションによって演奏された「pure soul」「つづれ織り~so far and yet so close~」「軌跡の果て」には歌詞の内容を含めて若干回顧の意味合いが感じられたが、セットリストのベースは昨年リリースされたオリジナルアルバム『MUSIC LIFE』のツアー『GLAY ARENA TOUR 2014-2015 Miracle Music Hunt』の流れを汲むものであった。MCで盛んに言っていた通り、向う10年、20年を見据えたライヴであり、この辺は現役バンドの矜持でもあったと言える。話題は何と言っても31日のアンコールで登場したゲスト・YOSHIKI(X JAPAN)とともに演奏した『RAIN』であろう。中央ステージにクリスタルピアノと綺麗な音色を奏でる演者がせり上がってきた時、場内は悲鳴にも似た歓声に包まれた。TAKUROが“僕らをこの世界に連れてきてくれた人”としてYOSHIKIに謝辞を述べ、メンバー4人それぞれと抱擁。YOSHIKIも“デビューのきっかけを作ったのは僕かもしれないけど、GLAYを支えてきたのはスタッフであり、ファンだと思います”と言った後、言葉を詰まらせた姿には、正直こちらもグッときた。

セットリスト

  1. 【5月30日】
  2. 1.HEROES
  3. 2.Young oh! oh!
  4. 3.everKrack
  5. 4.Freeze My Love
  6. 5.妄想コレクター
  7. 6.祭りのあと
  8. 7.Only Yesterday
  9. 8.浮気なKISS ME GIRL 
  10. 9.pure soul
  11. 10.つづれ織り~so far and yet so close~
  12. 11.軌跡の果て 
  13. 12.BLACK MONEY
  14. 13.誘惑
  15. 14.百花繚乱
  16. 15.FAME IS DEAD
  17. 16.TILL KINGDOM COME 
  18. 17.BLEEZE
  19. <ENCORE>
  20. 1.さくらびと
  21. 2.HOWEVER
  22. 3.SOUL LOVE
  23. 4.SHUTTER SPEEDSのテーマ
  24. 5.微熱Ⓐgirlサマー
  25. 6.MUSIC LIFE
  26. 【5月31日】
  27. 1.疾走れ!ミライ
  28. 2.Young oh! oh!
  29. 3.everKrack
  30. 4.月に祈る
  31. 5.誘惑
  32. 6.春を愛する人
  33. 7.SOUL LOVE
  34. 8.Only Yesterday
  35. 9.浮気なKISS ME GIRL 
  36. 10.pure soul
  37. 11.つづれ織り~so far and yet so close~
  38. 12.軌跡の果て
  39. 13.BLACK MONEY 
  40. 14.嫉妬
  41. 15.百花繚乱
  42. 16.FAME IS DEAD
  43. 17.TILL KINGDOM COME
  44. 18.HEROES
  45. <ENCORE>
  46. 1.RAIN
  47. 2.生きてく強さ
  48. 3.彼女の“Modern…”
  49. 4.SHUTTER SPEEDSのテーマ
  50. 5.微熱Ⓐgirlサマー
  51. 6.MUSIC LIFE

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着