【沢井美空】『沢井 美空 2nd Live
~憂欝日和。~』2015年5月30日 at
渋谷Last Waltz by shiosai

撮影:Takahisa Inagaki/取材:清水素子

 2ndアルバム『憂鬱日和。』を引っ提げての東京初ワンマンは、キャパ100人という親密な空間でのアコースティック形式に。驚いたのがピアノを弾き語りながら客席を見つめる大きな瞳が、実にエモーショナルに“キミ”への恋心を物語ること。初のセルフカバー「後輩」では甘酸っぱい学園物語を浮かび上がらせ、ウェディングソング「Happy Day〜ありがとう、あなたで良かった。〜」では語りかけるような歌声に思わずドキリ。声と表情だけでくっきりと物語を描写できるのは、自身の想いを嘘偽りなく楽曲へと昇華させている証だろう。一転、クライマックスの「ワンダフル☆デイズ」では客席にクラップと合唱を誘う場面も。“音楽が好きだからこそ音楽をやっていると憂鬱になる”“その憂鬱を抱きしめたまま前を向くことを提案したい”という言葉に、音楽への尋常ならざる覚悟を見た。

セットリスト

  1. なきむし。
  2. I know
  3. parallel love
  4. 青色写真
  5. 後輩
  6. こんな世界、知りたくなかった。
  7. Happy Day ~ありがとう、あなたで良かった。~
  8. SAKURA-iro
  9. ワンダフル☆デイズ
  10. サヨナラの手前
  11. 浮遊旋律
  12. <ENCORE>
  13. カラフル。
  14. Hello, Good-bye
沢井美空 プロフィール

サワイミク:1993年9月16日生まれ、大阪出身のシンガーソングライター。“音楽で気持ちを表現したい!”という気持ちから、作詞作曲活動を開始。聴き手の心に訴えかける歌詞、美しい旋律、耳に残る柔らかな歌声が魅力。11年5月にシングル「あたし、今日、失恋しました。」でメジャーデビューを果たし、13年6月に待望の1stアルバム『センチメンタル。』を発表。その後、TVアニメ『キルラキル』のエンディングテーマ「ごめんね、いいコじゃいられない。」など、アニメタイアップなども手がけるようにもなり、15年3月に2ndアルバム『憂鬱日和。』をリリースした。沢井美空 オフィシャルHP
Sony Music Records

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」