【LOVE PSYCHEDELICO】『LOVE PSYCH
EDELICO 2015 15th Anniversary Tou
r THE BEST』2015年5月30日 at 昭和
女子大学人見記念講堂

撮影:戎康友/取材:田山雄士

 デビュー15周年ツアーも4公演目となれば、バンドの演奏も脂が乗っている。堀江博久(Key&Gu)、高桑圭(Ba)、ゴンドウトモヒコ(Manipulator&Horn)というお馴染みの顔ぶれに、スペシャルとして高橋幸宏(Dr)が加わった強力布陣をバックに、NAOKI(Gu)のリフとライヴならではのソロが大いに会場を沸かせ、KUMI(Vo)もこの瞬間を目一杯楽しみながらのびのびと歌う。デリコと高橋の相性は抜群で、中でも「LADY MADONNA」「Last Smile」におけるそのシャープなドラミングには、針の穴を通すような快感が何度もあり、さんざん聴いてきた名曲が不思議な新しさで迫ってくることに驚かされる。

 アニバーサリーに相応しい選曲であるとともに、ベスト盤に収録していないナンバーも小気味よく織り交ぜ、KUMIが“一緒に歌う? もっと踊る?”と語りかけては躍動したり、NAOKIが堀江とギターの応酬を熱く繰り広げたりするうちに、最高のムードはどんどん更新されていく。“女子大に初めて来たんで、シャツのボタンをひとつ多めに開けてみたりして”と笑うNAOKIに対し、“何、興奮してんの! もっとフレッシュな気持ちで演奏しないとね”とKUMIが返すなど、マイペースさでも観客をたっぷりと魅了した。

 由緒あるホールで、腕利きバンドで、彼らのグレイテストヒッツを堪能し、その全てがギミックなしの名曲揃いであること、音楽への真摯な姿勢がファンを惹き付けていることが再確認できた。“みんな、愛してるよ! みんなも愛してる? 愛し合ってる?”と客席に問うKUMIの言葉にも、ときめくばかり!

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
LOVE PSYCHEDELICO プロフィール

1997年結成。00年1月、TOWER RECORD新宿店・渋谷店・名古屋近鉄パッセ店・大阪丸ビル店・下北沢ハイラインレコードの5店舗にて、2曲入り100 円カセットを数量限定発売。同年4月にシングル「LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~」でデビューすると、01年に発表した1stアルバム『THE GREATEST HITS』が200 万枚、02年発表の2nd アルバム『LOVE PSYCHEDELIC ORCHESTRA』が100万枚を超える驚異的なセールスを記録。NAOKIの卓越したギターテクニックとKUMIのヴォーカルスタイルは、印象的なリフ、日本語と英語が自由に行き交う歌詞により、独自の音楽スタイルを確立している。LOVE PSYCHEDELICO オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着