【KANA-BOON】『KANA-BOONのとぅると
ぅるかむとぅるーTOUR 2015 ~全国と
ぅるとぅる編~』2015年5月21日 at
Zepp Tokyo

撮影:高田 梓/取材:高良美咲

 着実に経験を踏んだ上で次々と夢を叶え、『KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015』の2月の『クアトロだってばよ!編』では、東名阪のCLUB QUATTROを回り、『夢のアリーナ編』では大阪城ホールと日本武道館という大舞台に立ち、超満員の素晴らしい景色を見せてくれた。そんな今ツアーの『全国とぅるとぅる編』本編の最終日も、もちろん満員御礼!

  1月にリリースしたアルバム『TIME』の1曲目でもある「タイムアウト」で爆音を打ち鳴らし、鮮烈な幕開けを告げると、超満員の会場は手を挙げ、波打つようなジャンプで呼応する。走り抜けるようなスピード感の中で確実に衝撃を残していくKANA-BOONの楽曲はまさにキラーチューン尽くし。アルバムからの新曲を軸に、インディーズ時代からの「ないものねだり」といった、ライヴでは定番の曲も外さない。

 MCでは、すだれを知らない古賀隼斗(Gu)をいじり倒したり、全国各地でも行なってきたご当地の食べ物レポートをしてみたりと、相変わらずの自由奔放さに笑いが起きる。しかし、ただ賑わせるだけではなく、「愛にまみれて」など、しっとり聴かせる場面も。アンコールでは夏にぴったりな爽快感のある新曲「なんでもねだり」で沸かせ、最後を締め括る「フルドライブ」で熱気は最高潮に!

 清々しすぎるほどの快進撃を見せ続けているKANA-BOONの楽曲には、その当時の喜怒哀楽の心境も現れていて、いつもがむしゃらでひたむきで変わらない彼らだからこその説得力が増し、胸に響くものがあるのだ。楽しさだけではなく、夢や純粋な心を持ち続ける大切さというものも教えられた気がする。

セットリスト

  1. タイムアウト
  2. LOL
  3. ターミナル
  4. 結晶星
  5. ワカラズヤ
  6. バカ
  7. ロックンロールスター
  8. クラクション
  9. ウォーリーヒーロー
  10. ないものねだり
  11. 1.2. step to you
  12. 盛者必衰の理、お断り
  13. 生きてゆく
  14. スコールスコール
  15. 愛にまみれて
  16. スノーグローブ
  17. シルエット
  18. <ENCORE>
  19. なんでもねだり
  20. フルドライブ
KANA-BOON プロフィール

カナブーン:大阪・堺出身のロックバンド。2012年に開催された『キューン20イヤーズオーディション』にて4,000組の応募者の中から見事優勝し、13年9月に1stシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。14年8月には地元大阪で野外凱旋ライヴを行ない、デビューから1年足らずでありながら16,000人超を動員。15年には大阪城ホールと日本武道館での単独公演を、16年には初の海外公演を含む全21公演の全国ツアーを敢行し大成功を収めた。そして、18年にメジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたる5リリース・5イベントを企画し、現在遂行中!KANA-BOON オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着