【Chapter line】『Chapter line 1s
t Mini Album「夜が終わり」発売記念
ワンマン』2015年4月15日 at 下北沢
SHELTER

撮影:松本時代/取材:高良美咲

 バンド初となるワンマンライヴは、ぎゅうぎゅうに押し寄せた観客によって開演前から場内に熱気が漂っていた。そんな中、メンバーが登場し、インスト曲で一気に引き込んだところで“Chapter line、ワンマンライヴ始めます”と宣言し、「夜が終わり」で果敢に攻め込む。会場内に響く凄まじいバンドサウンドが助長したのか、すぐさまオーディエンスの手が上がり、開始早々に彼らの勢いがありのまま体感できた。そして、小浦和樹(Vo&Gu)の弾き語りから始まった「ミライチガイ」では、いきなり吐き出される攻撃的な言葉にドキドキさせられ、アグレッシブに音を鳴らし、客席に食って掛かるように煽る藤 教順(Ba&Cho)、男にも負けず劣らないパワフルなドラミングでバンドを支えつつ、小浦の歌にキュートな歌声でハモる宮内沙弥のプレイが、3ピースとは思えないほどの熱と勢いを感じさせる。

 この日はワンマンということで、他のメンバーが喋る場面もあり、小浦と藤のせめぎ合うようなソロ対決では宮内の“全然だめ! ワンマンだよ!”という言葉がさらに対決と見守る観客を白熱させる。さらに、“今度はみなさんの番”と「you」ではオーディエンスとコール&レスポンスを響かせると、その熱を絶やさないようにイントロから会場を沸き上がらせた「大言壮語の逆襲」へ。リリースとさらなるライヴを経たことで磨き抜かれたキラーチューンの爆発力はとてつもなく、一曲一曲が確実な武器になっていることを実感させ、それに呼応したようにヒートアップする会場。そこには、小浦が語ったように“ひとりで歌っていた頃の自分はひとりよがりだった。今は聴いてくれる、観てくれる人を笑わせたい”という、Chapter lineとして活動を始めたことで遂げた意識の変化が表われていた。続く「BELIEVE」では全員が聴き入り、ラストは小浦がマイクを通さずに、ひとりひとりに届けるように力を込めて歌い、本編を締め括った。

 鳴り止まない拍手に応えたアンコールでは、11月7日にShibuya Milkywayでバンド人生をかけた次なるワンマンライヴの開催を発表し、結成からのこの2年の原点を振り返るように、この3人で初めて作ったという「Trial and Error」を披露。そこからは迷いながらも前向きな姿勢が伝わり、これからも歩み続けていく彼らの決意をひしひしと感じた。

セットリスト

  1. インスト
  2. 夜が終わり
  3. 微かな光
  4. Wdm(ワドメートル)
  5. 虚無感
  6. ミライチガイ
  7. easy
  8. you
  9. 不完全
  10. 大言壮語の逆襲
  11. BELIEVE
  12. <ENCORE>
  13. Trial and Error
Chapter line プロフィール

チャプターライン:2013年3月、小浦と宮内によって結成。都内を中心に活動を行なう。14年5月にサポートベースであった藤を正式メンバーに迎え、現在の体制となる。15年1月にタワーレコード店舗限定&1000枚限定シングル「大言壮語の逆襲」をリリースし、タワーレコード渋谷店J-INDIESウィークリーチャート1位を獲得するなど話題を集めている。Chapter line オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着