【荒川ケンタウロス】『「玉子の王様
」リリースツアーファイナル ワンマ
ンライブ』2015年3月20日 at TSUTAY
A O-WEST

撮影:井之口 聡/取材:高良美咲

 先日メジャーデビューを果たした彼らにとって4回目となるワンマンライヴは、会場の広さと詰め寄せた観客の数からも、着実に挑戦の舞台が大きくなっていっていることが目に見えた。歌っていることは日常的なことではあるが、一曲一曲の物語の色が多彩でありながらどれも淡いやさしさを持っていて、陽だまりのような温かさを感じる曲だったり、水のしずくが光を反射するようにキラキラした曲だったり、楽曲ごとに会場の雰囲気が色とりどりに変わっていく。この日披露された新曲「曜日感覚」「ティーティーウー」の2曲ではさらなる表情の広がりを見せ、バンドの音に負けないくらいの歓声が上がる。そんな光景が、尾越(Dr)が感慨深く語った“ひとりよがりの音楽をやっているんじゃないと実感した”という言葉の意味を強く感じさせた。

セットリスト

  1. ストーリーテラー
  2. 10年20年
  3. つぶて
  4. まぼろし
  5. 冬の星座
  6. ど真ん中の海
  7. アンセム
  8. R.P.G.
  9. 名探偵トレイン
  10. 曜日感覚
  11. 君の季節
  12. コイン
  13. あすなろ
  14. 猫のおじさん
  15. 鳩のお嬢さん
  16. 迷いの森
  17. superstar
  18. ハンプティダンプティ
  19. <ENCORE>
  20. ティーティーウー
  21. 天文学的少年
荒川ケンタウロス プロフィール

アラカワケンタウロス:2009年7月に東京・国分寺で結成された、誰にである日常をドラマチックな世界に変える5人組。バンド名は長尾謙一郎の漫画『おしゃれ手帖』から。インディーズでシングル1枚、ミニアルバム2枚、フルアルバム1枚をリリースしたのち、15年2月、ミニアルバム『玉子の王様』でメジャーデビュー。17年、自主レーベル“MY UNCLE IS VERY FAMOUS TENNIS PLAYER RECORDS”を立ち上げ、8月より3カ月連続で配信限定シングルをリリースする。荒川ケンタウロス オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着