【NICO Touches the Walls×[Alexan
dros]】『ニコ タッチズ ザ ウォール
ズ ノ フェスト’15』2015年3月5日
at 新木場STUDIO COAST

撮影:上飯坂 一/取材:田山雄士

 NICO Touches the Wallsの主催イベント『ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ フェスト'15』。その最終公演の対バンに指名された[Alexandros]は、1曲目の「Rise」から早くも川上洋平(Vo&Gu)がオーディエンスにマイクを向けて一体感を生み、「city」では庄村聡泰(Dr)のシャープなソロで幕を開けるなど快調な演奏で駆け抜ける。“いい空気を作ってNICOに渡したいと思ってましたが、俺はそんないい子ちゃんじゃありません!”という川上の言葉通り、彼らは終始自由なパフォーマンスで圧倒! その場のノリでオアシスの「ワンダーウォール」に加え、まだ見ぬグランジ調の新曲もプチ披露してしまう。まさに渡り鳥の舞いが思い浮かぶリフと、切ないサビメロが秀逸な「ワタリドリ」。白井眞輝(Gu)のグリス奏法が脱力を誘い、磯部寛之(Ba&Cho)のコーラスも映えるコミカルな「Dracula La」。発売前のこのシングル2曲はもはやキラーチューンと化している。そして、「Adventure」のあとに“どんなことを思って歌詞を書けばいいのか、最近やっと分かってきた”と嬉しそうに語る川上を見て、アルバムへの期待が高まらないわけがなかった。

 NICOも負けてはいない。アコギを弾く光村龍哉(Vo&Gu)を囲むかたちで、対馬祥太郎(Dr)のみならず、坂倉心悟(Ba)と古村大介(Gu)もドラムを叩く「手をたたけ」に、フロアーからは文字通りたくさんの手が上がり、間奏では光村を加えたトライバルなクアトロドラムが炸裂! ロカビリー風味の「THE BUNGY」でも、鮮やかなソロ回しをブルースハープへとホットにつなぎ、攻めのアコースティックを体現してみせる。その後は通常のバンドセットに戻り、しなやかなアンサンブルで自分たちのペースを作っていく。アコースティック&ベスト盤の曲を中心に、持ち味のメロディーと歌詞をじっくりと聴かせ、「Diver」で深く潜っては、「ローハイド」で軽快に浮上する。「ニワカ雨ニモ負ケズ」で《君が笑った 明日は雨かい?》のラスサビ前にブレイクを入れ、観客の顔を見渡した光村が“明日はドシャ降りだな”と笑う。そんな緩急自在のライヴがとにかく楽しい。

 “「ノ フェスト」は祭りどころではないっていう意味なんです。今はフェスが盛り上がってるけど、音楽をもっと面白く楽しくやる意志をぶつけ合いたい”と熱く語る光村。切磋琢磨できる[Alexandros]にも感謝の意を表わすと、終盤はギターが暴れまくる「そのTAXI,160km/h」、3度リプライズしたアンセム「天地ガエシ」を畳みかけて完全燃焼! さらにアンコールは両バンドが全員登場し、ツェッペリン×ザ・ビートルズという驚きのマッシュアップカバーで大勝利ムードを締め括ったのだった。

セットリスト

  1. 【[Alexandros] 】
  2. Rise
  3. Run Away
  4. city
  5. Dracula La
  6. Adventure
  7. ワタリドリ
  8. Starrrrrrr
  9. Kick&Spin
  10. 【NICO Touches the Walls】
  11. 手をたたけ(アコースティック)
  12. THE BUNGY(アコースティック)
  13. Mr.ECHO
  14. 夢1号
  15. Diver
  16. ローハイド
  17. ニワカ雨ニモ負ケズ
  18. そのTAXI,160km/h
  19. 天地ガエシ
  20. <ENCORE>
  21. 胸いっぱいの愛を(レッド・ツェッペリン)×へルター・スケルター(ザ・ビートルズ)
NICO Touches the Walls プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ: 2004年結成。07年11月にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。09年11月には2ndアルバム『オーロラ』を発表。同作リリースツアーの追加公演で、翌年3月にバンド史上初の日本武道館公演を行なう。その後も精力的に活動を続け、14年8月に“リベンジ”を掲げて2度目となる日本武道館でのライヴを敢行し、見事即日完売を果たし大成功を収めた。NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
Ki/oon Music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着