【GLAY】『20th ANNIVERSARY GLAY A
RENA TOUR MIRACLE MUSIC HUNT』201
5年2月8日 at 横浜アリーナ

撮影:岡田裕介/取材:清水素子

 3時間弱のライヴの間に、何度“感謝”という言葉を聞いただろうか? 約2年振りのニューアルバム『MUSIC LIFE』を引っ提げると同時に、メジャーデビュー20周年を祝してのツアー終盤。1万4000人が集った横浜アリーナで華開いたのは、20年を経ても変わらず胸ときめかせるGLAYサウンドと、実直なまでのファンへの愛情であった。客席がステージを360度取り囲むレアなセットのもとに幕開けたライヴは、1曲目「疾走れ!ミライ」のタイトル通り心地良い疾走感と、そこに乗る聴く者の心を甘く濡らすメロディーで、まずはGLAYという音楽の力を思う存分に発揮。弦楽器隊は四方に伸びた花道にさっそく飛び出し、TERU(Vo)も投げキスを大盤振る舞いだ。一方で温かな愛情に満ちたフォーキーなナンバーやエモーショナルな歌声の刺さるバラードで、“GLAYからの愛情を受け取ってください”というMCを見事に体現。だからこそ“全員でいくぞ!”とギアチェンジした後半戦ではオーディエンスの合唱が場内に轟き、アルバム曲も定番曲も落差なく息の合ったアンサンブルの中に、凄まじい一体感を生み落としてくれるのである。アンコールでは「MUSIC LIFE」等、彼ら自身の過去にも重なる楽曲で、挫折を繰り返しながらも生き抜くことの尊さをアピール。彼らの歌は常に街の人々と同じ目線にあり、だからこそ“諦めることは簡単だけど、諦めなければ必ず夢は叶う。お前らも諦めんなよ!”という言葉が万全の説得力をもって胸に刺さるのだ。5月末には10年越しの夢の舞台が東京ドームで開催。彼らの夢の叶う瞬間、その感動をぜひとも分かち合いたい。                  

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
GLAY プロフィール

グレイ:1988年にTERUとTAKUROを中心に結成し、94年にシングル「RAIN」でメジャーデビュー。デビュー以降、CDセールス、ライブ動員数など日本の音楽シーンをリードし続け、数々の金字塔を打ち立ててきた。25周年アニバーサリーイヤーの2019年~2020年にかけては『GLAY DEMOCRACY』というテーマを掲げ、7つの公約を発表。メットライフドームでの大型ライブ、15枚目のオリジナルアルバム『NO DEMOCRACY』のリリース、3カ月に渡り全国19公演19万人を動員したアリーナツアーの開催など、さまざまな活動を精力的に展開した。GLAY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着