【Brian the Sun】『"Brian the 燦々
"Tour 2014-2015』2015年1月31日 at
渋谷CLUB QUATTRO

撮影:上山陽介/取材:高良美咲

 開演前に流れたツアーのドキュメンタリー映像に失笑から爆笑までさまざまな笑いが起こるが、メンバーの言葉からはセルフタイトルを掲げたアルバムのツアーファイナルである本公演に向けた意気込みがうかがえた。そして、いざライヴが始まると、ただ衝動を突き動かし続けるというより、心にじわじわ染み渡り、燻るような楽曲で、オーディエンスをグイグイとリードしていく。もちろん、フロアーは多彩な楽曲に合わせて思い思いに楽しんでいる。後半戦に入り、“(今のような)こういうライヴがしたい”と、自分たちが歌いオーディエンスが聴く、という理想のスタンスについて熱く語ったメンバー。その満ち足りたような表情から、彼らの向かう場所と、ここに集まっている人々の求めているものの足並みに乱れはないと確信できた。

セットリスト

  1. 13月の夜明け
  2. Sister
  3. Baked Plum Cake
  4. 早鐘
  5. Sepia
  6. グラストライフル
  7. メロンパンシンドローム
  8. チョコレートブラウニー
  9. R25
  10. Noro
  11. キャラメルパンケーキ
  12. 都会の泉
  13. Intro
  14. タイムマシン
  15. Suitability
  16. パワーポップ
  17. アレカラ
  18. 彼女はゼロフィリア
  19. 神曲
  20. 白い部屋
  21. 忘却のすゝめ
  22. <ENCORE1>
  23. Absolute Zero
  24. ロックンロールポップギャング
  25. <ENCORE2>
  26. 君の声
Brian the Sun プロフィール

ブライアン・ザ・サン:2007年、大阪で結成。『閃光ライオット2008』で準グランプリを獲得。メンバーチェンジを経て11年4月より現在の編成となる。コンスタントな制作、ライヴ活動で全国に名を広め、16年6月にテレビアニメ『僕のヒーローアカデミア』のエンディングテーマとなったシングル「HEROES」でメジャーデビュー。19年3月にはメジャー3作目となるアルバム『MEME』をリリースし、同年6月にはアメリカの3大アニメ・コンベンションのひとつである『A-kon2019』へ出演、ヘッドライナーとして約3000人を動員して初のアメリカ公演を成功させた。Brian the Sun オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着