【GOING UNDER GROUND】『TOUR 「OR
eTABI 2014~15」 LIVE at 渋谷公会
堂「河野、バンドやめるってよ」』2
015年1月31日 at 渋谷公会堂

撮影:徳之島 与志/取材:石田博嗣

 “河野、バンドやめるってよ”というサブタイトルからも分かるように、今日のライヴを最後に“丈さん”ことドラムの河野丈洋が脱退する。1994年の結成時…それこそ高校1年生の時からの付き合いであり、ともに長い時間を歩んできたメンバー。松本素生(Vo&Gu)による“センチメンタルを乗せて、埼玉県桶川市から渋谷公会堂を経由して、ハート行きの汽車が出ます”というお馴染み口上からの「センチメント・エキスプレス」で幕を開けたライヴは、当然のようにゴーイングの歴史を旅するようなセットリストが組まれ、一曲一曲がバンドの歴史を彩りながら、彼らの青春であり、同時に観る者の青春も描いていく。“丈さんとバンドをやれないのは寂しいことではあるが、悲しいことではない”と松本も語っていたが、そこに湿った空気はなく、いつも通りのライヴが繰り広げられていった。ただ、“いつも”と違ったのがアンコール。2009年に脱退した、結成時からのメンバーの伊藤洋一(Key)が加わり、5人でメジャーデビュー曲「グラフティー」など3曲が披露される。いい意味で同窓会のような光景がそこにはあった。また、“青春について歌ってきたバンドだけど、今日で終わりだね。丈さんが抜けた後、別のことを歌わないといけない”と語った松本の言葉も印象深かった。そういう意味でも、お互いがお互いを見送り、送り出すという、どこか卒業式に似た感覚に陥った同公演。河野は自分の音楽を求め、ゴーイングもまた新たな歌を求める、そんな旅の始まりだと言えるだろう。そして、彼らの青春が終わりを迎えたーー。

セットリスト

  1. センチメント・エキスプレス
  2. ダイアリー
  3. VISTA
  4. さびしんぼう
  5. TWISTER
  6. いつまでたっても
  7. アゲハ
  8. 同じ月を見てた
  9. ALONE AGAIN
  10. かよわきエナジー ~Take Me Home,Country Roads
  11. 俺たちの旅
  12. 南十字
  13. 9th Route
  14. Tangerine Orange
  15. ランブル
  16. LONG WAY TO GO
  17. ナカザのディスコ★
  18. STAND BY ME
  19. トワイライト
  20. ハミングライフ
  21. <ENCORE1>
  22. ボーイズライフ
  23. ハートビート
  24. グラフティー
  25. <ENCORE2>
  26. 東京
GOING UNDER GROUND プロフィール

ゴーイング・アンダー・グラウンド:中学1年生の時にTHE BLUE HEARTSに憧れ、幼馴染み同士で母体となるバンドを結成。1998年にミニアルバム『Cello』でインディーズデビューし、2001年にはシングル「グラフティー」でメジャー進出。09年に伊藤洋一(Key)が、15年に河野丈洋(Dr)が脱退したものの、3人でバンド活動を再始動させ、16年8月にアルバム『Out Of Blue』を発表した。GOING UNDER GROUND オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」