【undervár】『undervár LIVE tou
r 2015「解放リテラシー」』2015年1
月30日 at 代官山UNIT

撮影:SUSIE/取材:桂泉晴名

 2ndアルバム『literacy』を引っ提げて開催された本ツアー。MALのピアノとDuran(Vo&Gu)の朗々とした歌声で聴かせる「Defying Gravity」からスタート。静かな始まりに驚いていると、一転、疾走感あふれる「レソフライト」へ。YUTARO(Ba)が書く、いくつもの意味を持った詞の言葉たちがDuranのヴォーカルに乗って胸を突き刺す。“世界のひとりに向けた歌です”と紹介された「せかいの日・鳥へ」では4人の音が高みを目指して響き合い、光の中に飲み込まれていくような気持ちになった。アンコールの「FUNCALL」ではYUTAROが“上がりたいやつはこい!”と観客をステージに誘導する。エモーショナルな福島有(Dr)のビートに合わせ、ヒートアップする会場。MALも椅子に上りながら演奏をする。ステージとフロアーがまさに一体となり、つながっていることを体感させてくれるライヴだった。

セットリスト

  1. Defying Gravity
  2. レソフライト
  3. colorful period of history
  4. 思・想ゲーム
  5. せかいの日・鳥へ
  6. Söar
  7. HIKOUSEN
  8. NOVUS
  9. ideaう
  10. TT4N
  11. <ENCORE>
  12. FUNCALL
undervár プロフィール

アンダーヴァー:2013年6月に結成した4人組ポストロックバンド。同年8月に1stアルバム『UNiDENTiFiED』を発売。その後、ライヴツアー『底辺 翔ける 高さ』を敢行。結成わずか5カ月で行なわれた下北沢GARAGEでのワンマンライヴはソールドアウトとなった。undervár オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着