【the HIATUS】『Closing Night-Kee
per Of The Flame Tour 2014-』2014
年12月22日 at 日本武道館

取材:桂泉晴名

 the HIATUS初の日本武道館公演。距離の近さを大切にしてきた彼らにとっては、かつてない大きさの会場である。しかし、いざ演奏が始まると、5人が生み出す濃密な音によってステージとの距離は一気に縮まっていった。特に強い印象を残したのは、手話通訳士を交えて披露した「Horse Riding」。大地の響きを連想させるドラム、ベース。軽やかな風を思い起こさせるピアノ、ギター。細美武士(Vo&Gu)の伸びやかな歌声。その音に合わせて、踊るように手話をするゲスト通訳士。彼女の体全体から5人の音が表現される。音が聴こえなくても音楽を楽しめる可能性を、彼らは示してくれた。そして、もうひとりのゲストJamie Blakeが加わって披露された「Tales Of Sorrow Street」「Souls」。中でも「Tales Of Sorrow Street」はアコースティックギターの音がやさしく包み込む楽曲であり、Jamie Blakeの母性を感じる豊かな声と細美の力強い歌声が重なると、不安が吹き飛ばされて、心の奥に揺るぎない灯をともしてくれるように感じた。

 ライヴ後半、「Lone Train Running」のピアノのイントロが流れ、大歓声が上がる。オーディエンスの合唱が武道館に響き渡り、途中からテンポアップするとフロアーもスタンドも激しく揺れた。ひとしきりエネルギーを放出した後、この世を去った仲間を想う楽曲「Something Ever After」が続く。天を見上げて語りかけるように歌う細美。聴覚の壁、国境の壁、生死の壁…彼らの音楽はさまざまな障壁を乗り越え、ひとつに融合させていく。ラストの「Waiting For The Sun」では会場全体が照らし出され、全ての人の顔がはっきり見えるようになる。そこにはくしゃくしゃになった笑顔と、喜びの涙があふれていた。

セットリスト

  1. Roller Coaster Ride Memories
  2. The Ivy
  3. The Flare
  4. My Own Worst Enemy
  5. Storm Racers
  6. Centipede
  7. Monkeys
  8. Deerhounds
  9. Bittersweet/Hatching Mayflies
  10. Superblock
  11. Horse Riding
  12. Tales Of Sorrow Street(feat.Jamie Blake)
  13. Souls(feat.Jamie Blake)
  14. Thirst
  15. Unhurt
  16. Lone Train Running
  17. Something Ever After
  18. Insomnia
  19. 紺碧の夜に
  20. Ghost In The Rain
  21. <ENCORE1>
  22. Twisted Maple Trees
  23. Silver Birch
  24. <ENCORE2>
  25. Waiting For The Sun

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着