【CODE-V】『Never Ending Story』2
014年12月2日 at ゆうぽうとホール

撮影:HIROYUKI DOZONO/取材:高良美咲

 白で揃った衣装の3人が登場すると、会場は一気に歓声に包まれる。ダンサーを4人携えた息の合ったダンスに、白熱した観客の合いの手も完璧だ。立体的なステージセットを駆使した、ドラマチックで多彩なパフォーマンスからも目が離せない。

 チームワークの良さが際立った歌やダンスはもちろんのこと、3人それぞれの個性を活かしたソロコーナーも見どころのひとつ。「月」を弾き語りで披露したソルは、甘い声で切ない気持ちを歌い上げる。一転して、キレのいいダンスパフォーマンスで会場を歓喜の渦に巻き込んだテフン。ウシクはこの日のために結成されたコーラス隊を従え、CODE-Vに加入して初めて歌った曲だという「Song for you」をアカペラで堂々と歌い切った。そして、会場を華やかな空気に変えた「ラストクリスマス」では、黒のジャケットとパンツに着替えたメンバー、サンタの格好をしたキッズダンサーが登場。そんな鮮やかなショーの後は、全身を余すことなく使ったダンスナンバー、アップチューンで会場をひたすら盛り上げるのであった。

 アンコールでは、この日がリーダーのソルが入隊前最後のワンマンライヴということで、ファンに向けた感謝の手紙を読み上げる。感情を込めてゆっくりと読み上げていたが、だんだん感極まって言葉を詰まらせる…そんな彼を観て、会場中からすすり泣く声が。しかし、そんな空気を振り払うかのように明るく「また会える」「Never Ending Story」を披露。“それでは以上、CODE-Vでした!”とソルの挨拶を合図に、この日最後のVサインを3人全員でキメる。3人がステージを去った後、感傷に浸る間もなく発表された、来年のリリース情報、さらにツアーの開催。お別れではなく、CODE-Vの次へのスタートに感じた。

セットリスト

  1. LIFE
  2. I Believe
  3. Shooting Star
  4. STAND UP
  5. そばにいるよ
  6. 僕が僕らしくいられるように
  7. たからもの
  8. いまごろわかった
  9. 14ヶ月
  10. 何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?
  11. 月(ソル ソロ)
  12. ダンスパフォーマンス(テフン ソロ)
  13. Song for you(ウシク ソロ)
  14. ラストクリスマス(カバー)
  15. Swing! Swing! Swing!
  16. 見つめてほしい
  17. Go!
  18. 世界中が敵になってもきっと君を守りぬくから
  19. Addiction~君なしには、生きられない
  20. <ENCORE>
  21. Never Say Never
  22. また会える
  23. Never Ending Story
CODE-V プロフィール

メンバーはサンウ、ナロ、ルイ、ソルの4人。2010年6月、韓国にてデジタルシングル「中毒」でデビュー。全員がメインヴォーカルを務められる高い歌唱力を持つ、実力派ヴォーカルグループとして注目を集める。2011 年12 月にシングル「Addiction ~君なしには、生きられない」で日本プレデビューした後、2012年5月にシングル「君がくれたもの」で日本メジャーデビューすると、同曲は2012 USEN K-POP年間総合ランキングで1位を獲得。また、同年10月に2ndシングル「世界中が敵になってもきっと君を守りぬくから」、2013年2月に3rdシングル「何度サヨナラを繰り返したら僕らは強くなれるの?」をリリースし、同年3月に発表した待望の日本1stアルバム『初心』はオリコンアルバム週間ランキング10位を獲得した。そして、同年12月には初の日本武道館ワンマンライヴを開催する。その抜群の歌唱力と美しいハーモニー、洗練されたダンスパフォーマンスは他のK-POPアーティストと一線を画す魅力や実力を持つ。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着