【OLDCODEX】『OLDCODEX Tour 2014
“A Silent, with The Roar”』2014
年10月19日 at 新木場STUDIO COAST

撮影:梅本陽子/取材:榑林史章

 最新アルバム『A Silent, within The Roar』を引っ提げて7月にスタートした全国ツアーが、この日実質的なファイナルを迎えた。オープニングにはツアーを振り返った映像が流され、MCでは“お前らのその声が、その顔が、すげぇ力になる。負けそうなときは、お前らのことを思い出すと踏ん張れる”と、ツアーを振り返って何度も感謝の言葉を口にしたTa_2(Vo)。また、YORKE.(Painter)は“ツアーを回って愛をすごく感じた”と、サンタクロースのエピソードを用いながら独特の感性で気持ちを表した。

 1曲目から「WALK」を披露し、いきなりテンションMAXに達したステージ。「カタルリズム」などシングル曲では、会場全体が大合唱になり、「[Blue]」や「Elephant over」では、観客がジッと楽曲に耳を傾けた。古くからのライヴ定番曲も多数披露され、「kick out」では、観客をふたりステージに上げて一緒に歌う恒例の風景もあった。全てを吐き出すように、激しく声を響かせたTa_2。身体を揺らしながら筆を走らせるYORKE.も時折マイクを掴む。ふたりが向き合って歌い合う様子はまるでツインヴォーカルで、以前よりもふたりという両軸感が際立った場面を何度も見せてくれた。

 また、会場となった新木場STUDIO COASTは、メンバーの思い入れが強いとのこと。Ta_2 いわく“大好きなアーティストがたくさん立っていて、俺らが過去2回立ったときはトラブルがあって個人的には散々だった”。三度目の正直となったこの日、リベンジはおろか過去2回の苦い経験をチャラにしてお釣りがくるほど、熱くエモーショナルな、これぞライヴ!といった素晴らしいステージを披露した。

セットリスト

  1. WALK
  2. Know orange
  3. ♯4
  4. Meteor Train
  5. brace yourself
  6. Seek your turn
  7. The Misfit Go
  8. Frame in Flame
  9. Harsh Wind
  10. Tag On The Strain
  11. backed out
  12. optimistic negative thing
  13. How Affection
  14. [Blue]
  15. Elephant over
  16. wire choir
  17. Dried Up Youthful Fame
  18. Rage on
  19. kick out
  20. カタルリズム
  21. Stargazer
  22. Landscape
  23. <ENCORE>
  24. sick of it
OLDCODEX プロフィール

2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。15年に初の日本武道館公演、18年2月には横浜アリーナ公演を行なうなど国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を展開している。OLDCODEX オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着