【BUCK-TICK】『BUCK-TICK TOUR 201
4或いはアナーキー』2014年9月26日
at NHKホール

撮影:eri shibata/取材:土屋京輔

 想像を次々と覆されるライヴ。最新アルバム『或いはアナーキー』を引っ提げた全国ホールツアーの最終日において、BUCK-TICKはそうとしか言えない孤高のパフォーマンスを改めて見せつけた。

 アルバム同様に「DADA DISCO -G J T H B K H T D-」でスタートした本編。ビジュアル的に凄まじかったのは、多彩な映像と照明だ。ある種、楽曲に描かれた世界をさまざまにデフォルメしたものだが、よりダークな側面を際立たせた演出が高揚感を増幅させ、4つ打ちを始めとしたダンサブルなビートの連続放射が、ライヴならではの音塊となって響き渡る。

 曲順がまったく読めないのも特徴的だった。新作に収められた全曲が配されていたものの、その配列は『或いはアナーキー』のオーダーとは似ても似つかない。制作時に挙げられていたダダイズムとシュルレアリスムなるキーワードが、ここでも顔を覗かせたと解釈していいのだろう。一旦完成を見た構築美を大胆に破壊し、超現実へと再構築。無秩序を提示しながら新たな秩序を自在に組み立てしまうのである。『TABOO』(1989年)から「ICONOCLASM」、『Mona Lisa OVERDRIVE』(2003年)から「LIMBO」をピックアップした点にも頷かされた。

 アンコールでは黒色すみれのふたりが3曲で客演。音源でコラボレーションした「VICTIMS OF LOVE with黒色すみれ」に止まらず、ゴシックをコンセプトとした『十三階は月光』(2005年)のマテリアルである「DOLL」と「DIABOLO」も披露された。ここもハイライトだったが、さらに圧倒されたのは本当のエンディングとなった「夢魔-The Nightmare」だ。それまでの享楽的空間など、単なる幻想に過ぎないのだ――そんな愕然とする思いすら植え付ける強烈なアジテーションで締め括ったのである。

 10月末から始まるライヴハウス転戦『TOUR 2014 metaform nights ~或いはアナーキー~』では、彼らの生み出す“宇宙サーカス”が、より強靭な求心力を持って叩き付けられることになりそうだ。

セットリスト

  1. SE ~OR ANARCHY~
  2. DADA DISCO – G J T H B K H T D−
  3. SURVIVAL DANCE
  4. Devil’N Angel
  5. ICONOCLASM
  6. SE ~BDLR~
  7. ボードレールで眠れない
  8. masQue
  9. PHANTOM VOLTAIRE
  10. サタン
  11. 世界は闇で満ちている
  12. ONCE UPON A TIME
  13. LIMBO
  14. 宇宙サーカス
  15. メランコリア
  16. NOT FOUND
  17. SE ~FOOL~
  18. 無題
  19. 形而上 流星
  20. <ENCORE1>
  21. VICTIMS OF LOVE with黒色すみれ
  22. DOLL
  23. DIABOLO
  24. (EN1~3 ゲスト:黒色すみれ)
  25. LOVE PARADE
  26. <ENCORE2>
  27. STEPPERS-PARADE-
  28. NATIONAL MEDEIA BOYS
  29. 夢魔-The Nightmare
BUCK-TICK プロフィール

バクチク:1987年にメジャーデビューを果たし、以降メンバーチェンジすることなく、日本のロックシーンの第一線で活躍し続ける。不動であり孤高であるその姿は、後続するアーティスト達にも多大な影響を及ぼしてきた。89年にリリースされた3rdアルバム『TABOO』でチャート第一位を獲得、デビュー後わずか2年の間に日本武道館、東京ドームと席巻し、名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。BUCK-TICK オフィシャルHP
Lingua Sounda LABEL SITE
BUCK-TICK オフィシャルYouTubeチャンネル
BUCK-TICK 35周年ティザーサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着