【MUCC】『SIX NINE WARS -ぼくらの
七ヶ月間戦争- Final Episode 「TH
E END」』2014年9月23日 at 国立代々
木競技場第一体育館

撮影:Yukihide"JON..."Takimoto、木村泰之/取材:山本弘子

 “長丁場のファイナルですが、最後まで楽しんでいってくれよ! 後ろのほうのヤツもめちゃめちゃノッてるな。すげぇ! 最高の景色をありがとう!”。

 逹瑯(Vo)は場内を見渡し、感慨深げに感謝の言葉を述べた。今年の3月6日からスタートし、文字通り長期に渡る戦いが繰り広げられた『SIX NINE WARS -ぼくらの七ヶ月間戦争-』。MUCCは国立代々木競技場第一体育館でファイナル・ウォーを見事に締め括った。

 オープニングは「THE END OF THE WORLD」。演奏が始まりステージを覆っていた紗幕がストンと落ち、目の前に飛び込んできたのは“THE END OF THE WORLD”の文字。それが瞬く間に次々と燃え上がり、メンバーが姿を表す強烈な始まり方だ。どんなに広い会場であろうとメッセージがダイレクトに刺さってくる逹瑯のヴォーカル、芯があってエモーショナルなミヤ(Gu)、YUKKE(Ba)、SATOち(Dr)の鉄壁のバンドアンサンブル。結成から17年の月日が経った今なお4人が内側で燃え滾っていることが即座に伝わる曲たちが次々と放たれていく。ギターカッティングが冴え渡る「WateR」~「369-ミロク-」と楽曲の構成を変えて見せるアプローチも盛り込まれ、ミヤがギターを鍵盤に持ち替えた「メディアの銃声」から、生のストリングスをバックに演奏され「JAPANESE」は圧巻であった。「ニルヴァーナ」からの後半戦は解放のベクトルへと向かうステージが繰り広げられ、オーディエンスもタオルを振り、声を張り上げ、MUCCの長期戦ファイナルを祝福するかのように楽しみ尽くす。ラストは星空の照明と会場全員に配られたLEDの光がひとつに溶け合う演出の中、現在のMUCCならではの愛を込めたメッセージが染み渡る「死んでほしい人」で締め括られた。

 MUCCを求める声がどんどん大きくなっていったアンコールでは4人が場内中央に設けられたサブステージに登場。このセクションではHPで募集したリクエスト曲が披露されたのだが、ぐるりとファンに囲まれた臨場感たっぷりの舞台で前後左右に動き回りながら、活き活きとした表情でパフォーマンスするメンバーの姿が印象的だった。メインステージに戻ってのダブルアンコールではそれぞれがファイナルを迎えた感想を語り、『ひらけ!ポンキッキ』のキャラクターのムックが登場して、長い戦いを終えたメンバーを表彰する和気藹々とした場面もーー。

 “ホントにこの7カ月間、ありがとう! 最後にもうひと騒ぎしようよ! 声が出なくなるまで歌わせてくれるかい!?”と逹瑯が煽り、「前へ」「MAD YACK」と、キラーチューン続出! ラストナンバーは最新シングル「故に、摩天楼」。17年目に新たな戦いを挑むことによって、また可能性という名の扉を開いた彼らの姿がそこにあった。

セットリスト

  1. THE END OF THE WORLD
  2. ENDER ENDER
  3. Ms.Fear
  4. G.G.
  5. 謡声(ウタゴエ)
  6. ガーベラ
  7. World's End
  8. Tell me
  9. 999 -21st Centruy World-
  10. WateR
  11. ~369-ミロク-
  12. ~WateR
  13. 未完の絵画
  14. メディアの銃声
  15. JAPANESE
  16. ニルヴァーナ
  17. Hallelujah
  18. 風と太陽
  19. 咆哮
  20. Mr.Liar
  21. 死んでほしい人
  22. <ENCORE1>
  23. オルゴォル
  24. 空と糸
  25. ホリゾント
  26. 流星
  27. 大嫌い
  28. <ENCORE2>
  29. 前へ
  30. MAD YACK
  31. 蘭鋳
  32. 故に、摩天楼
MUCC プロフィール

ムック:キャッチーなメロディーに乗せた、グランジ、オルタナティブなどのエモーショナルなサウンドと哀愁漂う刹那的な歌詞で、近年のヴィジュアル系シーンを牽引する4人組バンド。1997年に茨城にて結成。怒濤のライヴ活動と、積極的な音源リリースで人気を集め、03年にシングル「我、在ルベキ場所」でメジャーデビューを果たした。独特の世界観を持った楽曲とパフォーマンスで日本だけでなく、海外でも活動を行なっている。MUCC オフィシャルHP
Sony Music Associated Records
DANGER CRUE RECORDS
MUCC オフィシャルTwitter
MUCC オフィシャルFacebook
MUCC オフィシャルYouTube
MUCC オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着