【I Don't Like Mondays.】『J-WAVE
TOKYO REAL-EYES “LIVE SUPERNOVA
”vol.95』2014年9月17日 at TSUTAY
A O-nest

取材:竹内美保

 4人の陽気な洒落者たち、空気を、色を一気に変える。しかもいい意味で予想を裏切り、期待を軽く越えるパフォーマンスでーー。

 どちらかと言えば、殺風景でこじんまりとしたO-nestのステージだが、彼ら…I Don't Like Mondays.(以下、IDLMs.)が姿を現すと、そこに瞬時に華やぎが訪れた。それはビジュアルや醸し出す雰囲気ももちろん大きいのだが、“楽しんで笑顔になれる”時間と空間をオーディエンスと一緒に作っていこうという気持ちが生み出していると感じられる。そう、ハッピーなパーティー・バンド…いや、待てよ、それだけじゃない。確かにオープニング・ナンバーの「BANG!!」から気持ち良く踊らせてくれるのだけれど、音源の洗練されたイメージとは少し異なり、鳴らされる音はかなり骨太でタフだ。続く、「Perfect Night」ではMVでも観れたチャーミングさ全開の、遊び心も織り混ぜたステージングを展開し、女子のココロを踊らせ続けるというIDLMs.の本領(?)を発揮。ファンキーなナンバー2連発の披露で、このままグルービーに加速していく…と思いきや、ここでさらなる痛快かつ鮮やかな展開が。

 ぐっと濃密でハードなサウンドで迫る「Lucky Lucky Lucky」(アルバム未収録)の流れで飛び出したのは、なんとハードロック魂が燃え上がる兆志のギターソロ・コーナー! これには女子だけでなく、男子も思わず目がキラキラ。そして、謙二と秋気によるプリミティブなリズムが壮大な音風景を描き出す名曲「Golden Life」では、悠の切々とした、しかし説得力を兼ね備えたヴォーカルが胸を撃ち、このバンドの武器でもあるコーラスワークで幕を開ける「MEMORIES」はラストに相応しく、キャッチーでありながら深みや奥行きも感じさせる世界観が歌い奏でられていたーー。

 わずか5曲、正直言えばもっと聴きたかったし、もっといろいろな表情を見たかった。けれども凝縮された、かつジャンルに縛られず、“自分たちがカッコ良いと思う音楽をやる”というスピリットが炸裂した、この日のライヴそのものは物足りなさは一切なし。女子だけではなく、確実に男子も惚れさせた、IDLMs.。いや、カッコ良いぞ!

セットリスト

  1. BANG!!
  2. Perfect Night
  3. Lucky Lucky Lucky
  4. Golden Life
  5. MEMORIES
I Don't Like Mondays. プロフィール

アイ・ドント・ライク・マンデイズ:2012年、表参道で結成。通称“IDLMs.”(アイドラ)。14年にミニアルバム『PLAY』でデビュー。とことんポップでキャッチーなメロディーをベースに、ロック、EDM・ファンク・ディスコミュージック、80’sをミックスさせたIDLMs.の音楽を生み出し、「Super Special」は桑田佳祐の『2015年 邦楽ベストシングル20』に選ばれるなど、そのセンスと実力の評価は高い。19年8月に約3年振り4枚目のフルアルバム『FUTURE』をリリース。I Don't Like Mondays. オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。