【NICO Touches the Walls】『ニコ
タッチズ ザ ウォールズ ノ ブドウカ
ン』2014年8月19日 at 日本武道館

撮影:岡田貴之/取材:高良美咲

 “みんなのお陰で華麗なリベンジが果たせたと思います!”(光村龍哉/Vo&Gu)。ライヴ終盤に会場を見渡しながら感慨深く告げた、この言葉がこの日の全てだろう。2010年3月に初めて行なった武道館公演での動員は目標を下回る結果に終わり、苦い思いをした彼らが、“リベンジ”と掲げ2回目となる本公演で観せてくれたのは、8000人という超満員の景色。

 4年前にも披露した「Broken Youth」を幕開けに、新旧織り交ぜた珠玉のセットリストで会場の熱気を高める。夏の爽快なナンバー「夏の大三角形」、アグレッシブなバンドサウンドのみならず、初挑戦のラップを取り入れた「アビダルマ」、割れんばかりのクラップが響き渡った「手をたたけ」など、ライヴに華を添えてくれる楽曲たちもこの4年で培ってきた彼らの結晶だ。また、バンドのほとばしる勢いだけではなく、シンプルなアコースティック編成で披露した「バイシクル」では、音の粒が弾むようなキラキラした空間を作り上げた。“ひっくり返せるのか武道館!?”という言葉から始まったのは、まさに今日のリベンジ公演に向けて作られたとも思える「天地ガエシ」。端から端まで埋め尽くされた客席に向けて《僕らのリベンジ》と堂々と歌う姿は凛々しく、清々しくもあった。

 アンコールでは、“やりたかったけど、やれなかった曲があと5倍くらいある”と、ここにいる全員が入れる会場で再びリベンジを行なうという宣言も。満足することなく、飽くなき追求心で挑み続ける彼らの集大成でもあり、次なるステップへ進むスタートラインのようなライヴに、広がりゆく景色を感じずにはいられない。

セットリスト

  1. Broken Youth
  2. THE BUNGY
  3. ホログラム
  4. 夏の大三角形
  5. 妄想隊員A 
  6. B.C.G 
  7. バニーガールとダニーボーイ
  8. アビダルマ
  9. バケモノ
  10. Diver
  11. Heim
  12. バイシクル
  13. Mr.ECHO
  14. ローハイド
  15. ニワカ雨ニモ負ケズ
  16. 手をたたけ
  17. 天地ガエシ
  18. <ENCORE>
  19. image training
  20. TOKYO Dreamer
  21. N極とN極
NICO Touches the Walls プロフィール

ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ: 2004年結成。07年11月にミニアルバム『How are you?』でメジャーデビュー。09年11月には2ndアルバム『オーロラ』を発表。同作リリースツアーの追加公演で、翌年3月にバンド史上初の日本武道館公演を行なう。その後も精力的に活動を続け、14年8月に“リベンジ”を掲げて2度目となる日本武道館でのライヴを敢行し、見事即日完売を果たし大成功を収めた。NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
Ki/oon Music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着