【Charisma.com】『DIStopping リリ
ースツアー2014 -OL JOKER-』2014年
7月26日 at 恵比寿LIQUIDROOM

撮影:須田英之/取材:高良美咲

 ポップでダンサブルなビートが放たれると一気にダンスフロアーと化した会場。「イイナヅケブルー」ではPVと同じような学生服のダンサーが出てくるなど、ワクワクさせる展開も。そんな中、DJブースで的確に次から次へと楽曲を仕掛けていくゴンチ。そして、ステージ上を動き回り、フロウを効かせたラップで現役OLならではの鬱憤を曝け出した言葉を放ち、攻め込むいつか…あっと言う間に本編が終了してしまうほど、心を躍らせるビートを味合わせてくれた。“残業”コールに応えたアンコールではTEMPURA KIDZがダンスを披露。そして、コラボ曲「ミイラキラー」では2組の息の合った掛け合いを魅せる。ツアーファイナルならではのサービス残業での“本当は強くない”という不器用な一面を歌った「OLHERO」に心を打たれ、背中を押されたのは私だけではないはず。

セットリスト

  1. HATE
  2. イイナヅケブルー
  3. LOOKER
  4. AUTOMADE
  5. ペインオフ
  6. 空色will
  7. チャンコイ
  8. Train HELL
  9. ジェンガジェンガ
  10. sodaiゴミのkoi
  11. スーパーガール
  12. Mr.BEER
  13. no datte
  14. ハッピーターン
  15. GEORGE
  16. 100%ブービー
  17. <ENCORE1>
  18. TEMPURA KIDZダンス
  19. ミイラキラー
  20. NOW (LUUxOOR cell remix)
  21. HATE
  22. <ENCORE2>
  23. OLHERO
Charisma.com プロフィール

2011年に結成された、現役OLによるエレクトロ・ラップ・ユニット。YouTubeに投稿した動画がきっかけとなって話題を呼び、2013年7月にデビュー・アルバム『アイアイシンドローム』を発表。同作は『CDショップ大賞2014 関東ブロック賞』を受賞した。大型フェスでのパフォーマンスも好評を博しつつ、LOUIS VUITTON主催の“特別展”と題したエキシビションのレセプション・パーティーに日本人アーティストとして唯一ホログラム・ライヴで出演するなど、注目を集めていく。2014年6月には、初のフル・アルバム『DIStopping』をリリース。ポップなビジュアルとは裏腹に、独創的な言葉を巧みに利用した毒のあるリリックで、平成のゆとり世代に一石を投じる。2015年7月リリースのミニ・アルバム『OLest』で、満を持してメジャー・デビュー! スキルフルなフロウと一度聴いたら耳から離れないエレクトロ・サウンドに磨きをかけ、より積極的な活動を展開するようになり、音楽のみならず幅広いカルチャー・シーンで人気に。2016年3月、2ndミニ・アルバム『愛泥C』をリリース。オフィシャルHP
Twitter
Facebook

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』