【the HIATUS】『Keeper Of The Fla
me Tour 2014』2014年7月23日 at 新
木場STUDIO COAST

撮影:橋本 塁/取材:土内 昇

 どこまでも伸びていく繊細なメロディー、各パートの存在感がみなぎるフックが散りばめられたアンサンブル、色鮮やかな景色を描きながらも体を突き動かす躍動的なグルーブ、そしてそれらが合わさることで生まれる音響系の広がりと深みを秘めたサウンドスケープ。ツアータイトルにも掲げられた最新アルバム『Keeper Of The Flame』の音源としての完成形は体が記憶しているが、そこにプレイするメンバーの真っ直ぐな感情、観客の高ぶった息吹が加わって、一曲一曲が生命力を持ったように熱を感じさせる。

 最新アルバムの根底にあるダンスミュージック特有のトランス効果もあるのだろうが、BPMが速いから高揚感を焚き付けるわけでなく、その熱量の高まりや、生命力のうごめきによって、胸の奥の方から何かが開放されていく感覚に陥った。例えば、ゲストヴォーカルにUCARY VALENTINEを迎えて披露された「Tales Of Sorrow Street」。もしも水の中で息ができたら、この紡がれる音の粒を味わうように水の粒子を感じ、流麗なメロディーを感じるように水流を漂うのだろうか、と考えながら全身で音像に酔いしれていた。また、「紺碧の夜に」。もしも空を飛べたとしたら、このサウンドがもたらすような際限のない開放感を得るのだろうか、と想像しながら、日常はもちろん、自分自身からも解き放たれた気持ちに浸っていた。

 そんな中、ダブルアンコールの前に、ヴォーカル細美武士がサプライズで追加公演を発表した。12月22日、日本武道館。ライヴの余韻を噛み締めながら、彼らの楽曲を武道館という空間で体感できることが楽しみで仕方がない。

セットリスト

  1. Roller Coaster Ride Memories
  2. Thirst
  3. Deerhounds
  4. Storm Racers
  5. Something Ever After
  6. Horse Riding
  7. Superblock
  8. Silver Birch
  9. The Flare
  10. Monkeys
  11. Unhurt
  12. Tales Of Sorrow Street
  13. Sunset Off The Coastline
  14. Lone Train Running
  15. Burn To Shine
  16. Insomnia
  17. 紺碧の夜に
  18. <ENCORE1>
  19. ベテルギウスの灯
  20. Waiting For The Sun
  21. <ENCORE2>
  22. Shimmer

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着