【cinema staff】『Death Bandwagon
2(to) Glory』2014年6月26日 at Ze
pp DiverCity Tokyo

撮影:橋本 塁/取材:土内 昇

 《僕らは今でも大きな音を出していて それを誰か笑えるかい》と歌う「theme of us」が1曲目を飾る最新アルバム『Drums,Bass,2(to)Guitars』。バンドを表したタイトルはもちろん、その中で鳴っている音そのものが現在のcinema staffの高いテンション感を物語っていた。そんなアルバムを引っ提げたツアーのファイナル。1曲目「dawnrider」のイントロダクションで辻 友貴(Gu)が搔き鳴らすリフに他のメンバーの音が乗った瞬間、バンド内に緊張感が走り、それが客席の高揚感へと飛び火する…そのシーンに鳥肌が立った。そこから一気に加速していく、メンバー&観客のボルテージ。いつものこととはいえ、全身を使って演奏する辻は3曲目にして寝そべってプレイしている。序盤にして場内に立ち込めているのが、スモークなのか熱気なのが分からない状態だ。

 そんな中、中盤で「unsung」「fiery」をしっとりとじっくりと聴かせ、インドからやって来たシタール奏者のナマステ氏(辻が扮しているだけなのだが)を迎えてTHE YELLOW MONKEY のカバー「LOVE LOVE SHOW」やエレクトリックシタールを使用した「sitar of bizarre」を披露。バンドの振り幅と遊び心を見せた演出は、本誌のインタビューで“ワンマンでしかできないことをやりたい”と語っていたことのひとつなのだろう。

 そして、終盤戦〜アンコール。4人が4人によるグルーブを堪能し、満喫していることが見て取れるほど、バンドの緊張感もメンバーの高揚感も最高潮に達していた。『Drums,Bass,2(to)Guitars』ツアーの最終公演は、まさにメンバー自身がバンドの楽しさを再認識したライヴだったと言える。

セットリスト

  1. Dawnrider
  2. sea said
  3. 奇跡
  4. borka
  5. shiranai hito
  6. super throw
  7. unsung
  8. fiery
  9. 君になりたい
  10. LOVE LOVE SHOW(THE YELLOW MONKEY カバー)
  11. sitar of bizarre
  12. チェンジアップ
  13. ニトロ
  14. KARAKURI in the skywalkers
  15. great escape(alternate ver.)
  16. 西南西の虹
  17. tokyo surf
  18. theme of us
  19. <ENCORE1>
  20. AMK HOLLIC
  21. Poltergeist
  22. <ENCORE2>
  23. GATE
cinema staff プロフィール

シネマスタッフ:2003年に結成。08年11月には残響recordより1st ミニアルバム『document』を発表し、インディーズデビューを果たした。オルタナティブ、エモ、ポストロックなどの要素を取り入れた音楽性によって、バンドシーンで高い支持を得る中、レーベルをPONY CANYONに移籍し、12年6月に1st E.P. 『into the green』でメジャー進出を果たした。14年5月から全国14都市のワンマンツアーがスタートする。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着