【ハジ→】『ハジ→見参☆春爛漫ツア
→♪♪。〜おい!生♡でやらかすぞっ
!!●◎ (20 ̄(エ) ̄14)b〜』2014年
5月25日 at 新木場STUDIO COAST

撮影:田中マサミツ/取材:榑林史章

 サムライ感たっぷりの勇ましいサウンドで、伊達政宗を彷彿させる「ハジ→From→仙台。」で始まったライヴ。満員の観客はのっけからテンション高く、“生でやらかし合っちゃったら?”と問いかければ、“ええじゃないか〜!”と声高に応える。冒頭からテンションは最高潮。「で・か・け・YO〜♪♪。」では、ハンドルを回す振り付けに一緒になって手をくるくる。実に楽しそうに遊び心を忘れない。自身がミュージシャンになった経緯を歌詞に託した「楽器の弾けないミュ→ジシャン♪♪。」では、ノリのいいリズムに合わせ、タオル回しでジャンピング。

 また、バラードのパートでは、一転して静かに語りかけるように話し、曲の世界観に引き込む。“本気で好きになるのが大切。ひとつひとつの恋愛に学びがある。だから大丈夫、怖がらないで”と、背中を押す言葉を投げかけた「ずっと。」。「あなた。」では母親に対する気持ちを語り、涙をこらえるような場面も。また、ヒット曲の「for YOU。」では、“こんな俺だけど、ついてこい!”という歌詞になぞらえた力強い言葉に大歓声があがった。

 生バンドを率いてのツアーを振り返り、“中身の濃い、学びのあるツアーでした”と語ったハジ→。一体感あふれる演奏と歌、ダンサーを交えたパフォーマンスからは、確かにツアーで培われた絆が感じられた。楽しくノリがいいサウンド、ポジティブで胸に響く言葉、そしてユーモアもたっぷり。ハジ→の魅力が詰まったステージに、メンバー、観客、そしてハジ→自身も笑顔が止まらない一夜となった。

セットリスト

  1. ハジ→From→仙台。
  2. EVERY☆BODYww♪♪。
  3. サマ→ズラバ→。
  4. 踊れジャポネ→ゼ♪♪。
  5. 脳☆天気。
  6. で・か・け・YO〜♪♪。
  7. 真夜中仙台国分町。
  8. 楽器の弾けないミュ→ジシャン♪♪。
  9. ずっと。
  10. あなた。
  11. for YOU。
  12. HAZZIE’s MUSIC SHOWCASE。
  13. 理想にJUMPッ♂。
  14. 来来来。〜KURUKURUKURU〜
  15. ぱぴぷぺぱーり→。
  16. 卒業サヨナラ。
  17. P.S...。
  18. おまえに。
  19. <ENCORE>
  20. sumire。
  21. 人生は素晴らしい物語。
ハジ→ プロフィール

ハジー:2005年、地元仙台にて歌い手“HAZZIE”としての初舞台を踏む。10年1月にアーティスト名を“ハジ→”へと改名。ラップするように歌い、歌うようにラップする唯一無二のヴォーカルスタイルと、10000パーセント現場叩き上げの圧巻のライヴパフォーマンスから、“シンガーソング・エンターテイナー”を名乗る。13年3月、シングル「Only One。」でメジャーデビューを果たした。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』