【ZEPPET STORE】『Tour2014“GREAT
DELIGHT”』2014年3月7日 at 渋谷
CLUB QUATTRO

撮影:AKIHIRO/取材:桂泉晴名

 バンド結成25周年を迎えるZEPPET STOREのツアー初日。最新アルバム「SPICE」の「DELIGHT」「夜に這う」といった楽曲から、“久々の曲を、どっとやろうと思います”と紹介された「ALWAYS WANNA BE THERE」など新旧織り交ぜた楽曲を披露。トリプルギターによる重厚なバンドサウンドと、その先頭を走る木村世治のあふれんばかりの情熱を感じるヴォーカルがオーディエンスの心を揺さぶる。

 さらにダブルアンコールでは記念の年を迎える彼らを祝うために駆け付けた石田ショーキチ、NARASAKI、ヤマジカズヒデが加わり、6人のギタリストで96年リリースの「CROSS」を演奏。爆音が会場に鳴り響いてその迫力に圧倒されるが、音の波動に包まれていると次第に何とも言えない心地良さを感じる。ロックの醍醐味を改めて教えてくれるステージだった。尚、3月29日に渋谷チェルシーホテルでの追加公演も発表された。

セットリスト

  1. THE GAME
  2. DELIGHT
  3. SELFISH
  4. SPY
  5. DRIVE AWAY
  6. NOTHING
  7. 夜に這う
  8. TIGHTROPE
  9. FLAKE
  10. 無情な世界
  11. ALWAYS WANNA BE THERE
  12. 奇跡が起きるまで
  13. come here now
  14. 陽炎
  15. DITANCE
  16. HONEY BEE
  17. FLY HIGH
  18. <ENCORE>
  19. C’MON C’MON
  20. SPIRAL
  21. NANCY
  22. <ENCORE2>
  23. CROSS
ZEPPET STORE プロフィール

ゼペットストア:89年、インディー・ロックの聖地・下北沢にて木村世冶(vo)を中心に結成。UKテイストに溢れたギター・バンドとして、キャリアをスタートさせる。ギターポップ・シーンの牽引者的存在であった<アンダー・フラワー・レコード>より、94年に1stアルバム『SWING,SLIDE,SANDPIT』をリリース。全編英語詞による本作は、スミス的なサウンド・プロダクツが光る意欲作に仕上がり、インディー・ロック愛好者を中心に話題を呼んだ。96年、hide(ex.X JAPAN)主宰の<レモネード・レーベル>によるコンピ盤『LEMONed』への参加をきっかけに一気に知名度をあげ、「声」にてメジャー・デビューを飾る。その後、コンスタントに秀逸な作品をリリースしていくなかで、ギター・ポップ特有のインディー・テイストは徐々に後退し、日本語詞による男気あふれる無骨なギターロック・サウンドへとシフトしていった点は見逃せない。99年には、シングル「遠くまで」が好セールスをマークし、ブレイクへの足掛かりとなる。そして同年、全編日本語詞アルバム『CLUTCH』がスマッシュ・ヒット、不動の人気を獲得した。ZEPPET STORE Official Site
木村世治 Official Site

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着