【9mm Parabellum Bullet】『10th A
nniversary Live「E」』2014年2月8日
at 日本武道館

撮影:橋本 塁(SOUND SHOOTER)/取材:荒金良介

 今年結成10周年を迎える9mm Parabellum Bulletが日本武道館2デイズを決行。初日は“O(=Odd・奇数)”、2日目は“E(=Even・偶数)”を冠とし、今までリリースされた音源の収録曲順を奇数と偶数に分け、その中から各公演の選曲をするというもの。その偶数トラックのみをプレイする2日目を観た。

 この日東京は大雪に見舞われたが、メンバーはそれをMCのネタにして観客の高揚感を煽っていた。ライヴは菅原卓郎(Vo&Gu)の“武道館ー!”の雄叫びを合図に「Discommunication」で幕を開けた。終始飛び跳ねながらプレイする滝 善充(Gu)、時折シャウトを挟んで躍動感漲るフレーズを響かせる中村和彦(Ba)、タイトかつ切れ味鋭いリズムを叩くかみじょうちひろ、そして、卓郎は凛とした艶のある歌声を放ち、4曲目の「Vampiregirl」では早くも会場は歓喜の渦に包まれた。それからブブゼラに似たギター音を鳴らす新曲「EQ」(今公演の特典として来場者に終演後即CD化した新曲ライヴ音源を配布)を挟み、続く「ラストラウンド」「エレヴェーターに乗って」「Bone To Love You」のカップリング曲3連打も破壊力抜群でハイライトのひとつだった。

 後半は圧巻のドラムソロに加え、メンバー全員によるドラムセッション、8名のストリングス隊を加えた「黒い森の旅人」(これが感動的!)など、ワンマンならではの凝った演出に盛り上がった。卓郎が10年間で出会った全ての人たちに感謝の意を素直に述べる心温まるシーンもあり、7月にベスト盤を出すことも告知される。2時間に渡り、バンドの歴史を総括する表情豊かな楽曲に魅了され、「Talking Machine」、「Punishment」で畳み掛けるフィニッシュも鳥肌モノで忘れられない一夜となった。

セットリスト

  1. Discommunication
  2. Survive
  3. Grasshopper
  4. Vampiregirl
  5. Cold Edge
  6. Sleepwalk
  7. Scarlet Shoes
  8. 3031
  9. EQ
  10. ラストラウンド
  11. エレヴェーターに乗って
  12. Bone To Love You
  13. Wild West Mustang
  14. We are Innocent
  15. Termination
  16. Finder
  17. Monday
  18. Keyword
  19. 命ノゼンマイ
  20. 黒い森の旅人
  21. ハートに火をつけて
  22. Zero Gravity
  23. marvelous
  24. Talking Machine
  25. Punishment
9mm Parabellum Bullet/凛として時雨 プロフィール
9mm Parabellum Bullet プロフィール

キューミリ パラベラム バレット:2004年3月横浜にて結成。 2枚のミニアルバムをインディーズレーベルからリリースし、07年にDebut Disc「Discommunication e.p.」でメジャーデビュー。09年9月9日に初の日本武道館公演を開催し、結成10周年を迎えた14年には日本武道館2Days公演を成功させた。パンク・メタル・エモ・ハードコア・J-POPなどあらゆるジャンルを飲み込んだ独特な音楽性とライヴパフォーマンスで日本ロックシーンの支持を得る。9mm Parabellum Bullet オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着