【SuG】『SuG Onemanshow 2013 upda
te ver.0』2013年12月29日 at 国立代
々木競技場 第二体育館

撮影:山内洋枝/取材:土内 昇

 活動休止ライヴを行なった1年前と同じ日、そして同じ場所で復活ライヴを敢行したSuG。そのアンコールで武瑠(Vo)は“1年前約束した言葉を言いたいと思います。活休復活楽勝でした! みんなの声を聞いて、立ってるのがやっとなぐらい楽しんじゃいました”と叫んだ。しかし、その後には“楽しいって言うには、こんなにも努力が必要なのかと思い知らされた”と続く。そして、声を詰まらせながらこの日に至るまでの思いを語り、それに涙するファン。この日のために闘ってきたメンバー、この日を待ち続けたファンによって、最高のライヴが作られたことは言うまでもない。

 幕開けは昨年の活休公演のエンドロールで流された未発表曲「0 song」。言葉を紡ぐように届けられるミディアムバラードをじっと聴き入っていたファンだったが、ステージを遮っていた紗幕が落ち、特攻が爆発した「gr8 story」からは、歌い、飛び跳ね、咲き、ヘドバン…メンバーが全力でプレイするように、客席も全力で楽しんでいる。SuGの全てを見せるようなセットリストだっただけでなく、masato(Gu)と shinpei(Dr)のバトルやyuji (Gu)とChiyu(Ba)のサックスのセッションなどの観せ場もあり、いつものSuGらしい…いや、それ以上に笑顔がいっぱいのステージが展開されていく。

 そんな中、特筆すべきは新曲「MISSING」。目の前の壁を破壊しながら突き進むようなダイナミックなバンドグルーブは、1年前のSuGが“update”した姿だとも言え、2014年を爆走するための活休だったことを音でもって実証した瞬間だった。つまり、この復活公演の成功は、“ver.0”からの進化の始まりを意味するということだ。

セットリスト

  1. 0 song
  2. gr8 story
  3. Life 2Die
  4. 39GalaxyZ
  5. 武士道-bushido-FREAKY
  6. UMBILICAL
  7. 〜masato & shinpei session〜
  8. SE. welcome Ⅱ
  9. mad$hip
  10. R.P.G.~Rock'in Playing Game
  11. 小悪魔Sparkling
  12. 無条件幸福論
  13. 「口約束」
  14. 〜yuji & Chiyu session〜
  15. Lollipop Kingdom
  16. Pastel Horror Yum Yum Show
  17. Howling Magic
  18. Toy Soldier
  19. ☆ギミギミ☆
  20. 不完全Beautyfool Days
  21. <ENCORE>
  22. sweeToxic
  23. Vi-Vi-Vi
  24. MISSING
  25. heavy+electro+dance+punk
  26. dot.0
  27. LOVE SCREAM PARTY
  28. ときどきすてきなこのせかい
SuG プロフィール

サグ:2010年にシングル「gr8 story」でメジャーデビューし、スマッシュヒットシングルを何枚も送り込む。ライヴにおいても、BABYMETALや東京女子流らアイドル勢から、神聖かまってちゃんやミオヤマザキらバンド勢、さらには怪談家の稲川淳二に至るまで異色過ぎるメンツと競演。また、海外でも精力的に活動を展開しており、15年末にヨーロッパツアー、16年1月にはタイ・バンコクでの『JAPAN EXPO THAILAND』への出演、夏にはメキシコや中国など5カ国を巡る海外ツアーを行なうなど、その勢いは止まることを知らない。SuG オフィシャルHP
SuG オフィシャルTwitter
SuG オフィシャルFacebook
SuG オフィシャルYouTube
SuG オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。