【忘れらんねえよ】『忘れらんねえよ
ワンマンツアー バンドワゴン』201
3年12月13日 at 恵比寿 LIQUIDROOM

取材:田山雄士

 2013年10月に会心の2ndアルバム『空を見上げても空しかねえよ』をリリースし、大阪、仙台、札幌、広島、金沢、名古屋、福岡、新潟とツアーを回ってきた忘れらんねえよ。そのファイナルとなる本公演はこれまでのベストを更新する素晴らしいライヴとなった。チャットモンチーの「シャングリラ」をSEにメンバー3人が勢いよく登場すると、いきなり柴田隆浩(Vo&Gu)が鬼のような形相でチャットモンチーのえっちゃんの結婚&出産を祝って絶叫。続けざまにこの日のソールドアウトも報告し、「僕らチェンジザワールド」からライヴはスタートした。のっけからトップギアなのが彼ららしく、柴田の煽りでたちまちコール&レスポンスが起こり始める。さらに「戦う時はひとりだ」「僕らパンクロックで生きていくんだ」「だんだんどんどん」と、前へ前へと踏み出すような今の忘れらんねえよの姿勢を象徴するアッパーな曲で畳みかけ、ずっとサビが続いているみたいな楽曲の強度と熱量にオーディエンスも負けじとモッシュで応えていた。

 “ツアーを回ってね、バンドが成長したんですよ。技術が上がったのと、覚悟とか熱量とかがグングン高まっていったんだけどさ。あとはドラムの酒田のね、私服が成長したね”と柴田が話し、スクリーンを使ってビフォーアフターを見せるなど、相変わらずこのバンドはMCも楽しい。続く「アワナビーゼー」ではその酒田耕慈のドラムが疾走し、「あんたなんだ」では梅津拓也のベースが気持ち良くドライブする。3人のトリッキーなグルーブが冴える「俺を守りたい」が特に分かりやすかったが、確かにバンドがスキルアップしているのが随所で伝わってきた。筋肉は付かなくても、演奏力は付いてきているのだ。当然のことながらライヴ運びもうまくなっており、中盤の「慶応ボーイになりたい」から「そんなに大きな声で泣いてなんだか僕も悲しいじゃないか」までのミッドナンバーを表情豊かに聴かせたあたりも特筆すべき点だったと思う。メンバー紹介とともに披露された「シャングリラ」のカバーからの決別と称賛を込めた「美しいよ」の流れも胸に迫るものがあった。

 “これ以上ないくらいのアルバムが作れたのに、リリースの前日からずっと今も不安なんだよ。嬉しいことにどんどん広がっていったんだけど、やっぱり初めて聴いてくれた人はどう思うんだろうとか気になっちゃうんだ。でも、ツアーを回ってライヴをやってる時は唯一そこから解放されるんだよ。あんたらさぁ、平日なのに自分の仕事や学校の勉強をちゃんと終わらせて、安くないチケット代を払ってここに来て、俺らの背中を押してくれてるわけじゃん。綺麗事じゃなくて、本当に頑張れますよ。ありがとうございます!”という柴田の熱いMCには会場から温かい拍手が起こった。そして、ライヴはクライマックスへ。応援してくれるファンに向けた「夜間飛行」、バンドが変化する大きな契機となった「この高鳴りをなんと呼ぶ」では割れんばかりの手拍子が巻き起こり、シンガロングも止まらない。柴田もとっくに掠れている声を張り上げ、“ありがとう!”と何回も叫びながら限界点を意地で越えていく。最高潮のボルテージとなった「CからはじまるABC」では、梅津も負けじと吠えまくり、酒田も立ち上がってアドレナリン全開! ツアータイトルでもあり、自らを鼓舞するかのような「バンドワゴン」で大興奮のうちに本編は終了した。

 アンコールではこの日だけのスペシャルとして、盟友・おとぎ話の有馬和樹と牛尾健太をステージに迎え入れて「戦って勝ってこい」を披露。メインヴォーカルの柴田に不思議な距離感で寄り添う有馬の声、その周りで華麗に舞う牛尾のギターがこのファイナル公演に特別な彩りを添えていた。また、ライヴを観ていた有馬が“忘れらんねえよの3人の曲を(会場の)みんなで作ってあげてるみたいで、感動して涙が止まらなかったよ”と語っていたのも印象的だった。最後は原点を見つめるように「忘れらんねえよ」を演奏。今の彼らの全てを出し切ったツアーは幕を閉じた。しかし、すぐさま嬉しいニュースが。感傷に浸る間もなく、忘れらんねえよ主催の新たなツーマンツアー『ツレ伝ツアー~序章~』が発表となった。リキッドルームのソールドアウトにも満足せず、まだまだタフになっていく彼らがどんなバンド・ストーリーを見せてくれるのか。今後もますます目が離せない。

セットリスト

  1. 僕らチェンジザワールド
  2. 戦う時はひとりだ
  3. 僕らパンクロックで生きていくんだ
  4. だんだんどんどん
  5. アワナビーゼー
  6. あんたなんだ
  7. ドストエフスキーを読んだと嘘をついた
  8. 俺を守りたい
  9. 中年かまってちゃん
  10. 慶応ボーイになりたい
  11. あなたの背後に立っていた
  12. 青年かまってちゃん
  13. 美しいよ
  14. そんなに大きな声で泣いてなんだか僕も悲しいじゃないか
  15. 夜間飛行
  16. この高鳴りをなんと呼ぶ
  17. この街には君がいない
  18. 北極星
  19. CからはじまるABC
  20. バンドワゴン
  21. <ENCORE>
  22. 戦って勝ってこい
  23. パンクロッカーなんだよ
  24. 忘れらんねえよ
忘れらんねえよ プロフィール

ワスレランネエヨ:2008年結成。11年8月、シングル「CからはじまるABC」でデビュー。柴田を中心に繰り広げられる、笑いあり涙ありのお客さん巻き込み型ライヴパフォーマンスは必見! 大型フェスにも多く参加し、入場規制が出るなど、着実に実力を上げ続けている。15年、ドラムの酒田耕慈が脱退。現在はサポートドラムにマシータ(ex-BEAT CRUSADERS/ex-NATSUMEN)、タイチ(爆弾ジョニー)、サポートギターにロマンチック☆安田(爆弾ジョニー)を迎え活動を行なっている。忘れらんねえよ オフィシャルHP
VAP
柴田隆浩 オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着