【Fear, and Loathing in Las Vegas
】『2 Man Shows Tour 2013』2013年
10月25日 at CLUB CITTA’川崎

撮影:Yoshito Katsumata/取材:フジジュン

 互いの意地と誇りを賭けたツーマンに、オーディエンスが大興奮&大熱狂! locofrank、PE’Z、TK from 凛として時雨、グッドモーニングアメリカなど、多彩かつ強力なアーティストを迎え、11公演が行なわれるFear, and Loathing in Las Vegasの全国ツアー『2 man Shows Tour』初日。

 JESSE(RIZE)が活動開始を宣言したばかりのThe BONEZをゲストに迎え、熱いツーマンツアーがいよいよ開戦! 熱くへヴィで攻撃的ながら、どこかポップで人懐っこいThe BONEZの歌と演奏。モッシュが渦巻くフロアにJESSEがダイブし、会場が一体となって沸き上がる。“突っ走るお前らをサポートしてくから”と心強いMCで始まった「ACCESS VIOLATION」に込めた、JESSEの真摯な想いが胸を貫く。

 突き上げる轟音とシャウト&スクリームで、1曲目からカオティックな雰囲気で始まったLas Vegasのライヴは、ステージ上をメンバーが跳ね回り、フロアーをオーディエンスがダンスにモッシュにと掻き回し、もはや無法地帯。“ツーマンツアーがスタートしました。みんなも全力で付いてきてください!”と煽り、「Crossover」「Shake Your Body」など定番曲から、最新曲に貴重な初期楽曲と、集大成かつ最新型のセットリストでノンストップに攻めまくる。

 日常では絶対に味わうことのない非日常感や高揚感に包まれながら、バンドと観客が全身全霊でぶつかり合う空間に僕も大興奮! シングル曲「Just Awake」で最高潮の盛り上がりを見せてエンディングへと向かったライヴは、会場にいる全ての人を完全燃焼させた。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
Fear, and Loathing in Las Vegas プロフィール

フィアー・アンド・ロージング・イン・ラスベガス:2008年に神戸で結成。エモ、スクリーモ、メタル、ダンスミュージックなどさまざまなジャンルの音楽を昇華した彼らの音楽はまさにカオス! オートチューンを取り入れた美メロと破壊的なシャウトが交錯するツインヴォーカルスタイルも相まってライヴハウスで唯一無二の存在感を放ち、開催する全国ツアーは軒並みソールドアウトに。14年3月23日には神戸ワールド記念ホールでのワンマンライヴも成功させた。Fear, and Loathing in Las Vegas オフィシャルHP
Fear, and Loathing in Las Vegas オフィシャルTwitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着